SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(1)
  • 無料

SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(1)

作者名 :
値引き価格 0円 (税込) 3月14日まで
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

激しく劣等感を感じている――!
大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。
かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…!
果たして、自己顕示欲が異常に強い女の末路とは…?

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
DPNブックス
掲載誌・レーベル
コミックなにとぞ
電子版発売日
2019年03月29日
サイズ(目安)
27MB

新刊オート購入

SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    今の子に

    はらっこ 2020年09月05日

    今の子に共通する物があるんじゃないかな?
    ついついマウント取る事やインスタ映えに必死になって大切な事を忘れているような気がします

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    今時って感じ

    2020年05月25日

    現実、今時のSNSはこんな人で溢れ返ってそう

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    おもしろい

    らん 2020年03月14日

    おもしろかったです。主人公が性格悪くて、でもこういう女の人いるなあと思いました。
    顔の表情の変化とか最高に笑えました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    SNS

    sora1742 2019年05月25日

    元々SNSの話は好きで他にも何冊か読みましたがこれは面白い方ですね。自己顕示欲丸出しで自分の事を誰よりもかわいいと勘違いしてる主人公がSNAにのめり込み恨みを買いそこから破滅していくというよくあるストーリーで性格が悪い登場人物は基本嫌いですがこの作品ほど性格悪くそこから転落していく姿は面白かったです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    顔が笑

    ぽよぽよ 2020年06月14日

    主人公の顔がものすっごーーーーく嫌な女の顔をしていて笑えます。嫉妬に支配されている感じがとても面白いです。実際こんな人いそうだな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    スカッと!

    kro1991 2019年04月01日

    SNSを題材にした漫画が好きなので、全話一気に読ませて頂きました。ちょうどいい話数でした。

    主人公の浅はかな策略があっさり裏目に出る様子は読んでいて痛快でした。ここまで自己中なキャラも今時珍しいです(笑)

    ラスト付近でコマが余分に多くなり、話の進行が遅くなってしまった感じがしました。画面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~ のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(1)
    無料
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(2)
    無料
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(3)
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(4)
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(5)
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(6)
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(7)
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(8)
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(9)
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(10)
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...
  • SNS狂の女~自己顕示欲のバケモノ~(11)
    激しく劣等感を感じている――! 大学時代、準ミスキャンパスだった下村 由紀(しもむら ゆき)は、自分がいつまでたってもトップに立てないことを「出来レース」だと腹を立て、人のせいにしていた。 かりそめの人気を得るために、SNSで複数アカウントを作っては自作自演。人気モデルのアカウントに平然と嫌がらせの書き込みを行う。そしてついに、伸び悩むフォロワー数を「お金で解決」することを思いつく…...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています