人生地理学 1

人生地理学 1

作者名 :
通常価格 442円 (402円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

〔人生地理学1〕
原版の序
例言
緒論
一.地と人との関係の概観
二.観察の基点としての郷土
三.いかに周囲を観察すべきか
第一編 人類の生活処としての地
第一章 日月および星
一.日光と人生
二.温熱と人生
三.太陽と精神的人生
四.日本人と太陽
五.太陰ならびに星と人生
第二章 地球
一.地球の形状と人生
二.地球の大きさと人生
三.地球の運動と人生
四.地球の部分と人生
五.水界および陸界
第三章 島嶼
一.島国の特質
二.島の種類と人生
三.貿易上および国防上における島
四.島と英雄および罪人
五.開明時代における島
第四章 半島および岬角
一.半島の特質および成因
二.半島と文明
三.半島の配置ならびに運命
四.半島の利用
五.岬角と人生
第五章 地峡
一.地峡の種類ならびに地峡と人生
二.地頸に対する近世の努力
第六章 山岳および渓谷
一.山の高度と人生
二.山の各部と人生
三.山の集合と人生
四.山脈の方向と人生
五.山脈の成因と人生
六.火山と人生
七.渓谷と人生
八.約論
九.開明人に対する山
第七章 平原
一.平原と人生
二.平原の区別
三.高原と人生
四.河谷低原と人生
五.海谷低原と人生
六.各種平原の分布

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
聖教新聞社
電子版発売日
2019年03月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

人生地理学 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年02月03日

    明治36(1903)年の刊行。

    人間と自然との関係を定性的に記述している。思考法がアクチュアルで、軍事、文明、宗教、気性についての記述が優れているのではないか。

    国体、大和民族に言及した部分など時代の制約を感じるが、例えば日本についても単なる宣揚ではなく、その欠点も挙げ、全体的にはバランスが取れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月01日

    著者は創価教育学会(創価学会の前身)の創立者にして会長。そして,本書は明治36(1903)年に発行。日本で初めての地理学の学会は1879年創立の東京地学協会だが,まだ制度的な地理学は確立しておらず,この頃日本人によって書かれた地理学書といえば,明治27(1894)年に『地理学考』の書名で出版された内...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

人生地理学 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 人生地理学 1
    442円(税込)
    〔人生地理学1〕 原版の序 例言 緒論 一.地と人との関係の概観 二.観察の基点としての郷土 三.いかに周囲を観察すべきか 第一編 人類の生活処としての地 第一章 日月および星 一.日光と人生 二.温熱と人生 三.太陽と精神的人生 四.日本人と太陽 五.太陰ならびに星と人生 第二章 地球 一.地球の形状と人生 二.地球の大きさと人生 三.地球の運動と人生 四.地球の部分と人生 五.水界および陸界 第三章 島嶼 一.島国の特質 二.島の種類と人生 三.貿易上および国防上における島 四.島と英雄および罪人 五.開明時代における島 第四章 半島および岬角 一.半島の特質および成因 二.半島と文明 三.半島の配置ならびに運命 四.半島の利用 五.岬角と人生 第五章 地峡 一.地峡の種類ならびに地峡と人生 二.地頸に対する近世の努力 第六章 山岳および渓谷 一.山の高度と人生 二.山の各部と人生 三.山の集合と人生 四.山脈の方向と人生 五.山脈の成因と人生 六.火山と人生 七.渓谷と人生 八.約論 九.開明人に対する山 第七章 平原 一.平原と人生 二.平原の区別 三.高原と人生 四.河谷低原と人生 五.海谷低原と人生 六.各種平原の分布
  • 人生地理学 2
    442円(税込)
    〔人生地理学2〕 第八章 河川 一.概観 二.河の長さ、幅および深さと人生 三.速度と人生 四.河の方向と人生 五.河の部分と人生 六.河の人生に対する物質的方面 七.河の人生に対する精神的方面 八.河の害 九.水源 十.開明人に対しての河 十一.河と土地 第九章 湖沼 一.湖の特質と人 二.湖沼の成因および所在と人 三.湖沼と人生の物質的方面 四.湖沼と人生の精神的方面 第十章 海洋 一.現勢における海洋 二.海洋と未開人民 三.開明人と海岸 四.海国と島国 五.海流と人生 六.海洋と気候 七.海洋と衛星 八.海洋と産業 九.波浪および潮汐と人生 十.海洋と心情 第十一章 内海および海峡 一.内海と人生 二.内海の配置 三.日本海とバルチック海 四.海峡と人生 第十二章 港湾 一.港湾と人生 二.港の要素 三.港湾要素の人工的補欠 四.要素具備の程度によりて生ずる港湾の種類および階級 五.貨物の呑吐作用によれる港の区別 六.港湾の成因と要件 七.港湾の盛衰 第十三章 海岸 一.海岸線と文明との関係 二.海岸の種類 三.砂岸と人生 四.岩岸と人生 五.佳良なる海岸
  • 人生地理学 3
    480円(税込)
    〔人生地理学3〕 第二編 地人相関の媒介としての自然 第十四章 無生物 一.無生物と物質的人生 二.無生物と精神的人生 三.無生物と文明 四.岩石の種類および成因 五.鉱物の産出状態 六.有用鉱物の分布 第十五章 大気 一.気界と人生 二.水、陸、気、三界の相互関係とその分類 三.気岸線と文明 四.空気 第十六章 気候 一.気候と人生 二.気温と人生 三.気温の分布 四.風と人生 五.気圧 六.風の種類と人生 七.湿気と人生 八.雲と人生 九.雨と人生 十.雪と人生 十一.降水量の分布 第十七章 植物 一.植物の人生に対する実用的関係 二.栽培植物と人生および地 三.森林と人生および地 四.海藻類と人生 五.植物の人生に対する精神的方面 六.植物と文化 七.陸生植物の分布 八.植物の土質および地勢に対する分布 九.海藻類の分布 十.植物分布の原因 第十八章 動物 一.動物と人生 二.獣類と人生および地 三.鳥類と人生 四.魚類と人生および地 五.軟体類および棘皮類と人生および地 六.爬虫類と人生および地 七.昆虫類および甲殻類と人生および地 八.珊瑚および海綿と人生および地 九.動物と心情 十.動物と文化 十一.動物の分布 第十九章 人類 一.人類の特質 二.人類の数およびその棲息区域 三.人類およびその分布 四.人類の階級とその分布 五.各人類の優劣とその将来 六.人類の数量的分布
  • 人生地理学 4
    365円(税込)
    〔人生地理学4〕 第三編 地球を舞台としての人類生活現象 第二十章 社会 一.社会とは何ぞや 二.社会と社会的団体 三.全体社会と部分社会 四.社会の心意 五.社会の進化 六.社会は有機体なりや 第二十一章 社会の分業生活地論 一.社会の各種活動 二.実業および政治 三.宗教およびそれと地 四.学術およびそれと地 五.道徳、教育およびそれらと地 六.美術、娯楽およびそれらと地 七.社会の階級 八.各階級の配合と社会および地 第二十二章 産業地論(上) 一.消費せんとする欲望と地 二.生産業の種類 三.産業の発達 四.職業の身心におよぼす影響 第二十三章 産業地論(中) 一.原始的産業と地 二.製造工業の性質およびその分類 三.手工製造業と地 四.機械工業と地 第二十四章 産業地論(下) 一.商業地理およびその原則如何 二.交通機関の種類および要素 三.交通機関の発達およびその各種の長短 四.交通手段の進歩と人生 五.交通の進歩と社会団体の変動 六.通路系統と地 七.貨物流通の径路 八.貨物流動の距離 九.貨物移動の分量および時期 十.中心市場と地 十一.立国の基礎としての産業
  • 人生地理学 5
    480円(税込)
    〔人生地理学5〕 第二十五章 国家地論 一.国家の職能 二.国家の目的 三.国家の富強 四.国家の種類 五.国境 六.植民地 第二十六章 都会および村落地論 一.村落の形状と地 二.都会の意義 三.都会の起源 四.都会の発達地 五.都府の吸引力および盛衰 六.都府の種類およびそれらの内部的観察 七.都会と田舎 八.都会の膨張と社会 第二十七章 人情風俗地論 一.気風と地 二.風俗と地 第二十八章 生存競争地論 一.生存競争単位の変遷 二.生存競争形式の変遷 三.生存競争の地的影響 四.生存競争程度と地 第二十九章 文明地論 一.現今文明の中心点 二.文明の中心点の移動 三.将来の文明中心点 第四編 地理学総論 第三十章 地理学の概念 一.吾人が概念に達せし経路 二.人生地理学の内容と一般地理学の内容 三.人生地理学の定義 四.地理学は科学なりや 五.人生地理学の対象および範囲 六.人生地理学の内容 第三十一章 地理学の発達 一.発達史の二方面 二.科学の進化と名実の変化 三.日本における地理学の発達 四.欧洲における地理学の発達 第三十二章 地理学の名称ならびに人生地理学の科学的位置を論ず 一.現在における系統上の智識 二.人生地理学の据わるべき位置

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています