君が僕らを悪魔と呼んだ頃(1)

君が僕らを悪魔と呼んだ頃(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 495円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

かつて、僕は悪魔だった。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ?

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
マガジンポケット
電子版発売日
2018年03月09日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
64MB

新刊オート購入

君が僕らを悪魔と呼んだ頃(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    3巻一気に読んでしまいました。

    ryu444 2018年08月14日

    面白かったです。
    暗くて読み進める度に気が重くなりますが、
    真相に近づく度に目が離せなくなります。
    新刊が出るのが楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    けっっっっ

    てん 2020年05月17日

    結末が知りたい!!悪魔に出会うのも恐いけど、自分が悪魔だった。っていうのも辛いし、今が幸せなら自分の過去に幸せを奪われると考えたら恐いよね。でも、私にはやっぱり、悪魔に出会う事の方が恐い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月09日

    1巻だけだと嫌悪感というか胸糞悪くてびっくりするけど、どういうことか気になって読み進めてしまう。
    確かに悪魔だし胸糞悪いやつなんだけど。
    過去になにがあったのか気になる…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月18日

    ゲス野郎だった時の記憶を失い、平凡な高校生活を送っている主人公の前に、かつての親友が現れて、記憶を取り戻せと言うゲスい展開はミステリを読み解くような感覚になる。下衆な行いが下衆過ぎるので、登場人物に感情移入できるかどうかは別の話。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    脇役の行動に疑問

    ananasdinner 2020年05月01日

    主人公が記憶喪失なんですが、実は過去にかなり悪どいことしてるんです。なんで警察に捕まらなかったのか不思議。ヤクザでもないのに。いちおう被害者たちの弱みを握って密告しないようにしてるんですが。この被害者たちが、主人公が記憶喪失と知ってここぞとばかりに復讐しようとしてきます。これも無理がある。記憶喪失が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    りえ 2018年03月14日

    絵がやばすぎて話が全然入ってこなかった

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    三巻までだが...

    なゆた 2019年06月14日

    いまのとこ3巻までしか読んでないが1巻の前段がピークでしょうか。
    6〜7巻で完結なら結末を知る為に読むかもでしたが....
    3巻でガールフレンド再登場以降のくだりで興ざめ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    怖すぎる

    ゆさ 2020年02月06日

    いじめと呼ぶには言葉が軽すぎるので漫画内の言葉で呼びますが、こんな"ゲーム"が現実で起きていると想像するだけで怖いです。ニュースなどで「いじめ」「性的虐待」と言われている背景にこんなことが起きているのではと思ってしまいました。ただ、物語はそのゲームにフォーカスするというよりは、主...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(1)
    かつて、僕は悪魔だった。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ?
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(2)
    かつての悪友・会澤とともに、自らの記憶を探し始めた斎藤悠介。そうして目の当たりにした、過去。人間を玩具にし、他人の痛みを快楽を以て傍観する自らの姿。吐き気を催す悪行の数々の果て、少年は、ある死体と真理にたどり着く。
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(3)
    復讐者たちから大切な人を守るため、悠介は再び悪魔の仮面を被る。その身体のどこにも、もう悪魔は棲みついていなかったのに……。絶望を抱えたまま悠介は、少女に手を引かれ、その町に至る。探していた物語は、そこにあった。━━記憶は。生々しい匂いとともに甦る。
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(4)
    記憶の断片を頼りにたどり着いたのは、かつて自らが犯し、傷つけた少女一ノ瀬明里と過ごした思い出の町。そこで甦る、過去の真実。明里との生活、殺人の記憶、失踪の顛末。取り戻した記憶が、切り離したはずの罪の意識とともに悠介に重くのしかかる。━━犯した罪からは、決して逃れることはできない。
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(5)
    街の灯を見下ろすビルの屋上で、全てを思い出した斎藤悠介は、一ノ瀬明里と向かい合う。夜の底で響く呪詛から逃れるために、死の輝きは、なによりも魅力的だった。殺し合い、愛し合った果てに、ふたりはいま、知れ切った結末を迎える。━━それでも、いつか。この命に、価値を見出せるように。
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(6)
    そして10年後。ある山あいの村。藤森蒼志は、義父の暴力に怯えながら、二人の妹とともに暮らしていた。みずからの命と未来を守るため、3人は素性の知れない、ある男と暮らし始める。奇妙な同居生活は、一家に一時の安息と、わずかな"歪み"をもたらした。━━男の名は、斎藤悠介。悪魔と呼ばれた男は、まだ生きている。
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(7)
    何よりも強かったはずの兄妹の絆は、張りつめ、綻び、腐り始める。重すぎる責任から逃れるために、蒼志は酒と女の力を借りるしかなかった。その崩壊を傍らで見つめ続けた斎藤悠介の前に、追跡者たちが現れ、過去の罪を打ち鳴らす。事件は錯綜し、混線する。━━真実は…凍り付いたまま、いまだ姿を見せない。
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(8)
    その少年は、15歳にして悪徳の限りを尽くした。傷つけ、犯し、奪い尽くした……。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ? 謎と暴力の記憶喪失サスペンス! 警察が、動き出...
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(9)
    その少年は、15歳にして悪徳の限りを尽くした。傷つけ、犯し、奪い尽くした……。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ? 謎と暴力の記憶喪失サスペンス! もう、誰も...
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(10)
    その少年は、15歳にして悪徳の限りを尽くした。傷つけ、犯し、奪い尽くした……。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ? 謎と暴力の記憶喪失サスペンス! 真実は、つ...
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(11)
    その少年は、15歳にして悪徳の限りを尽くした。傷つけ、犯し、奪い尽くした……。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ? 謎と暴力の記憶喪失サスペンス! 結末を待た...
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(12)
    その少年は、15歳にして悪徳の限りを尽くした。傷つけ、犯し、奪い尽くした……。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ? 謎と暴力の記憶喪失サスペンス! 終わりはく...
  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(13)
    その少年は、15歳にして悪徳の限りを尽くした。傷つけ、犯し、奪い尽くした……。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ? 謎と暴力の記憶喪失サスペンス! 藤森家をめ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています