保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱

保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
紙の本 [参考] 907円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界恐慌や世界戦争の危機が見込まれる現在、政治や文化に関する能力を国民は身につける必要がある!そして、良き保守思想の発達した国家でなければ良き軍隊をもつことはできない、と老師・ニシベは我々日本人に警告をする。アリストテレス、マキャベッリ、ガンディ、チェスタトン、福沢諭吉、中江兆民など古今東西の巨人の叡智から戦後日本の政治・経済政策まで、保守思想の真実を語り尽くす大思想家・ニシベ最期の書。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2017年12月22日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年04月29日

時代を象徴する長文の遺書。

読み始めて思いました・・・
「これは絶筆宣言だよね。それを新書で出すとは・・・」
否、多くの読み手を考えて(私のような貧乏人も居る)
敢えて新書版として出されておるのだ・・・等と。
気合の入り方が違うがな・・・当初より自死を予定していらっしゃいますがな・・・
手書きがも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月12日

日本保守思想界の重鎮。最期の著作となった。Tokyo MX系列の言論番組は大学時代に観ていた唯一少ない番組だ。

「バランスとは、矛盾せる両方向への姿勢をそれぞれ最高度に保ちつつ、その間に生じる緊張を巧みに乗り越えていくということにほかならない。ここで「巧み」というのは両者を総合する言葉と行為を新た...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月11日

私自身、『大衆への反逆』を読んだ学生時代以来、『ソシオ・エコノミクス』など西部邁さんの著作に親しんできた。 テレビによく登場するようになってからは少し遠ざかったが、明晰で力強い語り口ははっきりと印象に残っている。

社会科学、なかでも経済学を通して社会を見つめてきたわけだが、なんとでも立論できる社会...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play