どすこいスピリチュアル 呪詛の家

どすこいスピリチュアル 呪詛の家

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

取材先でなぜかホラーな話を拾ってしまう、ライターのタナカ。質屋、ホテル清掃、不動産屋、エステティシャン。その道のプロしか知らないとっておきの怪談…。『実際にあった怖い話』の人気連載が待望のコミックス化!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
大都社/少年画報社
電子版発売日
2017年11月17日
サイズ(目安)
53MB

関連タグ:

新刊オート購入

どすこいスピリチュアル 呪詛の家 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

どすこいスピリチュアル 呪詛の家 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • どすこいスピリチュアル 呪詛の家
    取材先でなぜかホラーな話を拾ってしまう、ライターのタナカ。質屋、ホテル清掃、不動産屋、エステティシャン。その道のプロしか知らないとっておきの怪談…。『実際にあった怖い話』の人気連載が待望のコミックス化!
  • どすこいスピリチュアル 人体模型の闇 ~心霊ライター・タナカの取材メモ~
    旧友との久しぶりの再会…当時、霊感が強かった友人の不思議な体験…「霊感少女」 幼児教室の講師が中学生の頃に出会った《鎌を持ち牛の顔をした異形の者》…それは《件(くだん)》という名の妖怪だったのか?…「くだん」 人体模型を制作する会社を取材しているときに聞いたみやげ話には驚愕の事実が…「人体模型の闇」 子どもの頃の記憶を元にマップの画像を検索していた万引きGメンの女性が目にしたものは「ライオン堂のライオンばばあ」 バスの運転手の体験談、トラブル続きのバスツアーにはきっと…「誰か乗ってる」 ブライダル業界で聞いた因縁話…それをまとめようとすると自身やまわりにトラブルが発生!…世には出せなかった…「書くな」 惣菜工場で働く外国人のパートさんは、上司に対し密かな報復に…「…のしるし」 ある会社の美人広報が変わった名前なのには訳があった…幼い彼女を救ったのは!?…「猪突さん」 美大生たちが遊び半分で描いた絵に現れた少女とは…「青い花模様のキョウコ」 なぜか取材先で怖い話を拾ってしまうライター・タナカの記事にはできないとってきの怪談、第2弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング