真昼のポルボロン(1)
  • 完結

真昼のポルボロン(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

自分をこの世界に連れ出し、すぐに捨てた父親への嫌悪感から9歳の少女るつぼは父親を許さないと決めて生きてきた。だが、そんな二人が期間限定で「親子」をすることになり!?

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
BE・LOVE
電子版発売日
2017年06月13日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
53MB

真昼のポルボロン(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    参考

    かなめ 2022年02月27日

    赤ちゃんのときから何年も会ってなかった娘と父が期間限定でいっしょに住むことに。絶対にしゃべらないと決めている意地っ張りな娘と父はどうやって距離を縮めるのか。子どもができないため養子をいただく予定なので、どうやって心を通わせていくのか参考になります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ほっこり?

    ぽち 2020年06月21日

    最初は主人公の生い立ちがヘビーで身構えましたが
    初めての土地で少しずつ人間関係を築いていく姿に胸を打たれます。
    肝心の親子関係は時間がかかりそうですが、少しは距離が縮まってる…のかな?
    ちょっぴり緊張感のあるほっこりを堪能しました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    不器用な二人

    2021年11月07日

    幼いころ母親と死に別れた女の子が初めて父親と同居することになるお話の第一巻。
    主人公のるつぼは母親を亡くしている女の子。
    母方の祖母と叔母夫婦と暮らしていたが祖母の入院と叔母夫婦のハワイ旅行の計画で血縁上の父親の元に2ヶ月間暮らすことになった。
    るつぼには生まれる前の記憶があり出産に際して母体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    suu.su 2021年04月17日

    るつぼちゃん、ちょっと不思議な感じの子です。生まれる前の記憶を持っているんですね。父さんも、姫子さんもちょっといびつ(?)な優しい関係のストーリーです。

    このレビューは参考になりましたか?

真昼のポルボロン のシリーズ作品 全3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 真昼のポルボロン(1)
    完結
    自分をこの世界に連れ出し、すぐに捨てた父親への嫌悪感から9歳の少女るつぼは父親を許さないと決めて生きてきた。だが、そんな二人が期間限定で「親子」をすることになり!?
  • 真昼のポルボロン(2)
    完結
    2ヵ月間限定の父娘生活。母を喪い、父を憎み続けてきた少女るつぼに変化が起き始める。その矢先、るつぼの祖母から連絡が。るつぼは、連れ戻されてしまうのか? 子どもを捨てた父親と、しゃべらない9歳の少女の、期間限定父娘生活、第2巻!!
  • 真昼のポルボロン(3)
    完結
    2ヵ月間限定の父娘生活。夏の終わりをまえに、父・縞を憎んでいた少女・るつぼに、変化が訪れていた。もしかすると、るつぼは、パパのことが好きかもしれない!? しかし、その矢先、父にまつわる衝撃の事実が舞い込んでくる。二人の運命は、すれ違うのか。あるいは――!? 「親子の愛とは何か?」と問う、愛と優しさのハートフルストーリー、ここに完結!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

BE・LOVE の最新刊

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング