将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(7) 【電子限定! ミニ画集付き】
  • 完結
  • 最新刊

将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(7) 【電子限定! ミニ画集付き】

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

皇家の遺子・楠昴皇子率いる日薙嶌国軍は、伝説の武器・東弓を手に破竹の連勝を続けていた。この状況に対して、大将軍・陶は大秦本国より独立し「日薙将国」を名乗る。そして嶌国と休戦し、対大秦同盟を組むという奇策を打った。だが海を渡り侵攻する大秦軍を前に、将国の智将・兆が突如離反し、同盟軍の防衛線は瓦解してしまう。さらに兆の秘密兵器・弩により、東弓は破られ、絶体絶命の窮地に陥る皇子たち。もはや万策尽きたと思われた瞬間、速布叉による秘策が炸裂。まさかの逆転に成功する。しかし、大秦との決着が着いたところで、真の勝者を決めるために嶌国と将国は再び戦闘状態に入る。両軍の間で皇太子・馬の奪い合いが勃発。だが昴皇子の身柄は陶により抑えられる。更には、その正体をも暴かれてしまう…!!電子版の特別特典として、カトウチカ氏による『嶌国のスバル』ビジュアルを特別収録!いままで単行本未収録だった書店特典イラストやツイッターイラスト、そして紙版の本体表紙に収録のおまけ漫画など、ファン垂涎の内容となっております。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年シリウス
電子版発売日
2019年09月09日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
108MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 全7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(1)
    完結
    「将国のアルタイル」のアナザーサイド、嵬伝<がいでん>開幕! 大陸の強国に蹂躙された、極東の島国・日薙<くさなぎ>。奴隷として虐げられる日薙人のもとに、滅びた皇家の遺子、皇子<みこ>が帰還。彼らは遂に反撃の火蓋を切る――! 「将国」世界を震撼させた新兵器"東弓"を巡る、知略と蛮勇入り乱れた"国土回復譚"が今、始まる!
  • 将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(2)
    完結
    強国・大秦に滅ぼされた日薙嶌国。奴隷として生きる日薙人のもとに皇家の遺子・楠昴皇子が帰還する。かつて皇子に近仕した速布叉は、その正体が少女だと見破る。だがそれは本物の皇子の遺命――そう知って戸惑う速布叉だったが、計り知れない知略を目の当たりにし、仕える覚悟を決める。復活した秘伝の武器・東弓を手に、逆襲を始めた日薙嶌国軍。しかし異国の商人・イルハンだけは敗北を予見し、皇子に取引を持...
  • 将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(3)
    完結
    楠昴皇子に率いられた日薙嶌国軍は、秘伝の武器・東弓を手にし、大秦に逆襲を始める。山人集落と合流して火薬などの物資を入手し、その勢いで新たな拠点・風早郷を勝ち取ることに成功した。しかし、大奏領日薙の支配者・炎陶は、その叛乱に全く動じてはいなかった。実父にその才を恐れられ、皇太子位を廃された程の大器は、皇子率いる嶌国に、如何な策を繰り出すのか!?
  • 将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(4)
    完結
    第四州軍をおびき出した、日薙嶌国。率いる将・兆は、飄々とした風貌に反し、一流の器を持ち、一筋縄にいく相手ではなかった。だが、皇子はそれを凌駕する知略を発揮。非戦闘員をも動員し、撃退に成功する。だが、大将軍・陶は、ひるむどころか、悪魔的頭脳を駆使して、皇子たち日薙人たちを、新たなる戦いへと誘う。それはすべてを破滅に導く、恐るべき策略だった…!!
  • 将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(5)
    完結
    大将軍・陶の奇策により、日薙嶌国と日薙将国の連盟、「大日薙」が結成された。かつての敵と轡を並べる速布叉たちに、迫りくるは大秦の大船団。大海原を埋め尽くす大軍を、皇子たちは撃退できるのか!?
  • 将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(6)
    完結
    決戦の火蓋、ついに切られる! 兆の裏切りにより、痛恨の敗北を喫した大日薙連合。大秦との戦いは、ついに最後の局面を迎える。皇子は、速布叉は、この圧倒的不利を覆すことができるのか!? 全てを賭けた闘争が、幕を開ける…!! 「将国」世界のスピンオフ、第6巻!
  • 将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(7) 【電子限定! ミニ画集付き】
    完結
    皇家の遺子・楠昴皇子率いる日薙嶌国軍は、伝説の武器・東弓を手に破竹の連勝を続けていた。この状況に対して、大将軍・陶は大秦本国より独立し「日薙将国」を名乗る。そして嶌国と休戦し、対大秦同盟を組むという奇策を打った。だが海を渡り侵攻する大秦軍を前に、将国の智将・兆が突如離反し、同盟軍の防衛線は瓦解してしまう。さらに兆の秘密兵器・弩により、東弓は破られ、絶体絶命の窮地に陥る皇子た...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「少年マンガ」ランキング