超対称性理論とは何か 宇宙をつかさどる究極の対称性

超対称性理論とは何か 宇宙をつかさどる究極の対称性

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

この宇宙にはまだ多くの謎が残されています。自然界に存在する4つの力のうち、3つまでは標準理論で説明できますが、4つ目の重力を素粒子物理的に理解することには成功していません。こうした問題を解決し、重力まで含めたすべての力を統一的に理解する可能性を秘めているのが、「超対称性」とよばれるまったく新しい対称性です。「なぜこの宇宙が存在するのか」という根源的な問いに答える究極の理論に迫ります。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
電子版発売日
2016年03月25日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

超対称性理論とは何か 宇宙をつかさどる究極の対称性 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年04月12日

    図らずもヒッグス粒子発見とこれからのその研究の重要性を学べた。素直に良かった。

    また、超対称性粒子を検出するための物理学者の努力に敬服した。試行錯誤とはまさにこのことだ。真理を求めて仮説を絞り込んでいくのだなぁ。

    暗黒物質やダークエネルギーについても他書にはない記述が多くて嬉しい。

    ただし、本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月01日

    「ネーターの定理」対称性あるところに保存則あり。

    ゲージ粒子は「ゲージ対称性」で守られており、フェルミオンは「カイラル対称性」で守られているが、ヒッグス粒子は標準理論では値が発散してしまうという「階層性問題」がある。これを解決するのが「超対称性」。

    電子のスピン:複素2次元空間内の回転
    3次元空...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています