研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

研究室のボスは、あなたの何を評価しているのか? 理系の若者にとって「研究者」は憧れの職業。先輩や教授といった他人とうまく付き合い、研究室という組織の力を活かすのが、この職業で成功するコツだ。本書は、「学生」「院生」「ポスドク」「グループリーダー」と段階を追いながら、それぞれのポジションでどう判断し、行動すべきか、実例を交えて案内する。研究に行き詰まっている人も、読めばきっとヤル気が出る! (ブルーバックス・2015年12月刊)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
電子版発売日
2015年12月25日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月01日

    ■学会発表
    ・学会発表までに原著論文の原稿を書いておくとよい。
     論文原稿をほぼ完成させるが、投稿はしない状態で学会発表に臨む。
     原稿を書くことが学会発表の事前準備にもなる、自分が見落としていた観点
     の質問と議論を原稿に取り入れてブラッシュアップできるというメリットが
     ある。
    ・プレゼンの際は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月02日

    理工系の大学教授がどのようにして企業の研究所の研究員から東大教授になったのかについての自伝的な本。『工学部ヒラノ教授』よりも100倍役に立つ(ユーモアは別だが)。博士号を取った後は、専門分野の中での自分らしさというのを確立しつつ、他分野のエラい研究者へのアピールをしていくという二面性が求められるとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月09日

    学部生からPIになるまで、各段階での心構えがわかりやすい。研究者をめざしたいけれど何から始めたらいいかわからない、という学生にすすめたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    ここまで懇切に書いたマニュアル的指南を読まないと、ロボット的勉強で秀才を証明しようとしている人の多い世代には、研究に必要な人間としての「当たり前教養、スキル」がイメージできないのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月05日

    研究とは、研究者とはを丁寧に解説。人に聞かなきゃ教えてもらえないようなリアルを教えてもらえた。大学院生必携の1本かも?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月29日

    大学生から教授まで、各ステップごとの心構え、そのポジションに何が求められているのか。一度民間企業を経験しているとのことで、大学に残ってエスカレーター式にただ登っていく解説ではなく、色々選択肢を例示している。研究者ってこんな感じなんだ~と気軽に読める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月04日

    現在の自分の立ち位置を含めて非常に参考になった本であった。社会人で大学院に進学する方にもぜひ読んで頂きたいと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月22日

    初心に返るために。

    理系研究者に向けた内容だが,自分の境遇に応じて適宜読み替えれば,文系研究者にも役立つだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています