観光人類学の挑戦 「新しい地球」の生き方

観光人類学の挑戦 「新しい地球」の生き方

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東京・バリ・カリフォルニア……観光と移住が織りなす「越境の民族誌」。グローバル化が進行する中で、国境を越えて移動する人びとは世界全体で年間10億人に達しようとしている。東京の下町で、熱帯雨林の島で、中国の世界遺産で、それぞれに繰り広げられる文化景観はすべてリゾーム状につながり、地球はもはや境界のない大きな空間になっているのだ。本書では、ボーダレス時代の観光/移住のありようを描き出し、「一つの世界にともに生きる」とはどういうことか、人類学の新たな試みとして論じていく。(講談社選書メチエ)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社選書メチエ
電子版発売日
2015年07月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

観光人類学の挑戦 「新しい地球」の生き方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年10月26日

    人の移動の様々な事例が知れてよかった。
    あと、文化の資源化のあたりの話が、自分の旅行は結局それを消費させられ、満足させられているのかなあと思うともやっとする。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています