絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 1

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 1

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

三度の飯より寝るのが好きなダメ人間・増田桂馬が召喚されたのは、山賊によりコアルームを占拠、制圧されている完璧に“詰んだ”ダンジョンだった。
「このダンジョン、いきなり終わってんじゃねーか!」
ダンジョンのコアである金髪美少女・ロクコから状況を聞くうちに、桂馬はうっかりダンジョンと命運を共にする“ダンジョンマスター”に設定されてしまう!
――絶体絶命ダンジョンと一蓮托生だと!?
寝るのは好きだが永眠はまだまだ遠慮したい男のダンジョン運営ミッション、スタート!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
コミックガルド
シリーズ
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまでシリーズ
ページ数
160ページ
電子版発売日
2019年03月25日
紙の本の発売
2019年03月
サイズ(目安)
60MB

新刊オート購入

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月24日

    看板に偽りあり
    DM勤勉すぎだろと

    ゴーレム無双大好物ですってこれ2巻以降だった

    取り敢えずニクカワユス

    このレビューは参考になりましたか?

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 1
    三度の飯より寝るのが好きなダメ人間・増田桂馬が召喚されたのは、山賊によりコアルームを占拠、制圧されている完璧に“詰んだ”ダンジョンだった。 「このダンジョン、いきなり終わってんじゃねーか!」 ダンジョンのコアである金髪美少女・ロクコから状況を聞くうちに、桂馬はうっかりダンジョンと命運を共にする“ダンジョンマスター”に設定されてしまう! ――絶体絶命ダンジョンと一蓮托生だと!? 寝るのは好きだが永眠はまだまだ遠慮したい男のダンジョン運営ミッション、スタート!
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 2
    ダメ人間のダンジョンマスター・ケーマと、ちょっとおバカなダンジョンコア・ロクコの二人が運営するダンジョン【ただの洞窟】に場違いな美女が来訪する。 その正体は、帝都にある巨大ダンジョン【白の迷宮】のダンジョンコア・ハクであった。 彼女はロクコを溺愛するあまり、傍にいる邪魔な男……つまりケーマを追い出すべくダンジョンバトルを挑んできたのだ! 「勝ったらマスターと認めてあげる。でも、負けたらうちのダンジョンで働いてもらうわよ」 ――危機的状況を脱した思ったら、働かされるとかマジ勘弁! 仕方がないからこのダンジョンバトル、本気出す。
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 3
    【白の迷宮】とのダンジョンバトルに勝利し、膨大なDPを得たケーマはあぶく銭を活かして、『ダンジョン宿屋化計画』に着手する。 宿屋経営には、この異世界に精通し接客ができる人材が不可欠。 そこで、ケーマはニクに続く労働奴隷の購入を決心し、冒険者ギルドに紹介してもらった商館で品定めを開始したのだが―― 「おにーさんがご主人様候補なん!? うち、お買い得やでー!」 早々に奴隷からの猛烈アピールを受ける。だが、この女奴隷有能ながらも曰く付きのようで……。 【ただの洞窟】に来るのは問題児ばかりなのか!? ケーマの“働かない”日々を目指すダンジョンマスターライフ、第三巻!
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 4
    ダンジョン【ただの洞窟】は、ケーマの手による進化がギルドにもバレてしまい【欲望の洞窟】に名を改めた。 訪れる人の増加を見越しダンジョンに併設した宿屋もオープン「働かずに稼げるダンジョン運営」が整ったはずだったが、宿屋に泊まったハクにより、過剰なサービスなど改善点を指摘されてしまう。 さらに、その際にハクからもたらされた情報にケーマは肝を冷やすことに……。 「知ってるかしら。この山にはもう一つダンジョンがあるのよ」 フラグ過ぎる情報からは、ダンジョンバトルの臭いがプンプン!? 今度の相手はサラマンダー&ドラゴンが牛耳る【火焔窟】。 怒れる格上ダンジョンと、いざ真っ向勝負!
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 5
    お隣のダンジョン【火焔窟】とのダンジョンバトルに勝利し『ツィーア山貫通トンネル』を得たことで、ケーマたちのダンジョンに訪れる利用者は増え、図らずも忙しくなってしまう。そして、接客対応を任せていた奴隷少女・ニクが倒れたことでようやくケーマは、抱えていた根本的な問題に気付く―― 「……人手不足だ!」 ロクコやケーマの正体が秘密である以上、簡単には人を雇えない! この絶望的な状況を打開すべく、ケーマは貴重なDPを使って人型の魔物を召喚することを決断するのだが……。はてさて召喚した三人の魔物ムスメたちの、実力や如何に!?

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています