「数字で考える」は武器になる

「数字で考える」は武器になる

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

数字が使えると、利益を生み出す「黒字社員」になれる!
文系体質でも真似できる! 処理スピード、説得力、仮説力、儲けるセンス…
リクルートで教え継がれ、業界を超えて通用する秘伝のノウハウを大公開!

本書は、数字を使った「仕事の考え方」「データの見方」を解説する本です。著者は、11年間にわたりリクルートで「数字の読み方、考え方」の社内講師を務め、自らも現場と経営で実践してきたプロフェッショナル。工学部(理系)出身ながらも、分かり易く「数字で考える力」を解説しています。
「数字で考える力」が乏しいと、仕事のパフォーマンスにムラが生じてしまいます。作業スピードも速くならないし、相手とのコミュニケーションでも正しい理解につながりません。(仕事以外の)私生活でも、行き当たりばったりの行動に終始してしまい、「成長」を感じることはありません。いまビジネスマンが一番学ぶべきスキルは「数字で考える力」と言っても過言ではありません。
しかし、数字に対してアレルギーを持っている人がたくさんいます。そこで本書では、「数字で考える力」を文系体質の人でも分かり易く、実践しやすくまとめました。四則演算(+・-・×・÷)を実践することで、あらゆる領域で今以上の結果が出せるように変わります。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
かんき出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年03月04日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

「数字で考える」は武器になる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    身近な状況を数字にすると発見

    営業管理職 2022年10月02日

    非常にとっつきやすく、しかし実行すると価値が高い話ばかり。
    まず身近な状況を数字化してみて人に伝えたくなる本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月23日

    とってもわかりやすかった!
    自分の苦手な数字で考えることが逆にできるようになったら、制約がなくなってとても良いなと思った

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    2019/07/21丸善
    ●数字で記録を残す→生産性向上の第一歩
    ①因数分解→扱いやす大きさ
    ②仮説力→後ろから考えると成果が早い
    ③ROE思考→優先すべき仕事か見極める
    ●二本線を引く
    →アンゾフのマトリクス
    ●1つに絞る

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    常に四則演算で考える。工数見積もりをする。投資とコストを分ける。経営者は利益で考える。
    考え方とノウハウが詰まった一冊!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月22日

    今まで、仕事をする際に工数(タスクにかかる見積もり時間)管理はしていたが、それをさらに因数分解して、細かいタスクに分ける習慣はなかった。

    ただ本書で生産性が高い人はそのようにしていると記載があり、自分もさらに生産性を高めるために、工数の因数分解を実践する!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月21日

    シンプルでわかりやすい内容でした。物事を定量化して考えたい人にオススメ。メインメッセージはROI思考が如何に大切か(だと捉えてる)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月09日

    「数字に強い」って結局どういうこと?何ができればよいの?をわかりやすく解説してくれます。

    私の本書の印象は、
    数字の話を通じて、ロジカルシンキングってどうやればよいのか?
    経営者ってどういうことを考えて、日々仕事しているのか?

    を伝えようとしていると感じました。駆け出し社会人や、ビジネス職じゃな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月24日

    リクルートに29年勤めた著者の社内講義をベースに書かれた本。
    "数字"で考えるとなってはいるが、数字にとどまらず課題解決の方法についてわかりやすく書かれている。
    フェルミ推定をもとにROIを意識すること、平均と分散から数字の背景を想像すること、タスクの見える化を特に取り入れていく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月24日

    数字で伝える力を上げるために読みました。

    因数分解する、フェルミ推定、平均と分散、比較など複数キーワードが参考になる本です。

    またシナリオを作るときは真反対のアイデアから親しいものまで量を多くだし、マスト要件を決めて絞る→ウォント要件で絞り込む、といった手順を踏むという考え方がとても参考になりま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月03日

    「数字で考える」を実践したため、リクルートで約30年に渡り多様な事業部にて活躍した方の書籍。仮説思考の紹介等、コンサル向けの本でもあるように思えた。最近、仕事ができる人の定義を考えていたが、本書のQCDを見て腑に落ちた。Q=成果物の品質C=投下したお金や時間などのコストD=納期であり、この3つは常に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング