死印 1話
  • 無料

死印 1話

作者名 :
値引き価格 0円 (税込) 8月31日まで
通常価格 162円 (税込)
獲得ポイント

0pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

“シルシ”ってうわさ、知ってる?男は気が付くと見知らぬ洋館の前に立っていた。何かに引き寄せられるように扉を開けると、そこに居たのは言葉を話す美しい人形。「ようこそ、九条館へ──」メリィと名乗るその人形に指摘されて初めて、右腕に見覚えのない痣が刻まれていることに気が付く。それは呪いの“シルシ”であり、刻まれたものは記憶を失いながら、近いうちに命を落とすのだという。男は“シルシ”に抗い迫りくる死から逃れる為、九条館を訪れる“シルシ”を持った者たち、印人(しるしびと)とともに原因と思われる怪異を調査することになるのだが…。エクスペリエンスが贈る、ホラーアドベンチャーゲーム“心霊ホラー”シリーズ第1弾『死印』が満を持してコミカライズ!

ジャンル
出版社
画期的
掲載誌・レーベル
画期的コミックス
電子版発売日
2019年02月21日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

ゲームの雰囲気そのまま!

カカカ 2019年02月25日

ゲームが好きで、漫画が出るって聞いてきました。
漫画ならではの改変がありつつもゲームの雰囲気が
再現されてて満足でした!これをキッカケに皆にも
ゲームを知ってほしいなwww

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 死印 1話
    無料
    0円(税込)
    “シルシ”ってうわさ、知ってる?男は気が付くと見知らぬ洋館の前に立っていた。何かに引き寄せられるように扉を開けると、そこに居たのは言葉を話す美しい人形。「ようこそ、九条館へ──」メリィと名乗るその人形に指摘されて初めて、右腕に見覚えのない痣が刻まれていることに気が付く。それは呪いの“シルシ”であり、刻まれたものは記憶を失いながら、近いうちに命を落とすのだという。男は“シルシ”に抗い...
  • 死印 2話
    162円(税込)
    “シルシ”ってうわさ、知ってる?男は気が付くと見知らぬ洋館の前に立っていた。何かに引き寄せられるように扉を開けると、そこに居たのは言葉を話す美しい人形。「ようこそ、九条館へ──」メリィと名乗るその人形に指摘されて初めて、右腕に見覚えのない痣が刻まれていることに気が付く。それは呪いの“シルシ”であり、刻まれたものは記憶を失いながら、近いうちに命を落とすのだという。男は“シルシ”に抗い...
  • 死印 3話
    162円(税込)
    “シルシ”ってうわさ、知ってる?男は気が付くと見知らぬ洋館の前に立っていた。何かに引き寄せられるように扉を開けると、そこに居たのは言葉を話す美しい人形。「ようこそ、九条館へ──」メリィと名乗るその人形に指摘されて初めて、右腕に見覚えのない痣が刻まれていることに気が付く。それは呪いの“シルシ”であり、刻まれたものは記憶を失いながら、近いうちに命を落とすのだという。男は“シルシ”に抗い...
  • 死印 4話
    無料
    0円(税込)
    【花彦くん】の調査から3日が経った夜、他の印人と違い“シルシ”が消えなかった八敷は、真下とともに怪異のうわさを調査していた。しかし一向にその居場所が掴めずにいたところ、メリイから「あなた様は夜明けに死を迎えます」と再び死の宣告を受けてしまう。そこに九条さやを求めて、新たな印人・長嶋翔が訪れ、“シルシ”を刻まれた場所には心当たりがあり、それは自殺の名所として有名なH城樹海で間違いな...
  • 死印 5話
    162円(税込)
    八敷と翔、それにH城樹海で出会った印人・クリスティが【森のシミ男】に襲われ窮地に陥っていたところ、別行動を取っていた真下が現れる。真下の援護によってなんとか危機を脱するものの、その際に翔とはぐれてしまう。裏取りをしていた真下が言うには【森のシミ男】の正体は数年前にH城樹海で集団自殺をしたカルト集団「蜂蜜家族」の指導者・丸尾慎蔵にほぼ間違いなく、真下にとっても因縁のある相手だと...
  • 死印 6話
    続巻入荷
    162円(税込)
    【森のシミ男】は数年前にH城樹海で集団自殺をしたカルト集団指導者の成れの果てだった!【花彦くん】が母親との思い出を欲しがったように、怪異化した理由が何かあるはず。そのヒントを求めて“救済”を模索する八敷に対して、真下は「こいつは救えない」と“破壊”の道を選ぼうとする。【森のシミ男】に対抗する術とは?そして八敷たちに“シルシ”を刻んだ怪異は【森のシミ男】なのか…!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ