全国マン・チン分布考(インターナショナル新書)

全国マン・チン分布考(インターナショナル新書)

作者名 :
通常価格 1,089円 (990円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

誰もなし得なかった空前絶後の画期的大研究! 女陰語はなぜ大っぴらに口にできないのか? 学術的にも高い評価を得たベストセラー『全国アホ・バカ分布考』の著者が、全国市町村への膨大なアンケートに基づき女陰・男根語の方言分布図を作成。言語地理学で丹念に読み解き、古文書、春画などをつぶさにあたる。そして至った驚くべき結論とは。一気読み必至の面白さ! 放送禁止用語に阻まれた『探偵!ナイトスクープ』の幻の企画が書籍で実現! カラー版女陰・男根方言全国分布図付き。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社インターナショナル
ページ数
374ページ
電子版発売日
2019年02月01日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

全国マン・チン分布考(インターナショナル新書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    あの「アホ・バカ分布考」の探偵ナイトスクープ松本さんが、同じく投書をもとに男根と女陰の名称を調べたという大作。
    いやいや、文化人類学ですよ。民俗学。アホ・バカと同じように、京都を中心とする同心円で言葉が伝わっていくということと、性がタブー視され言葉が秘められること、いろんなテーマが含まれています。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月27日

    奇書。奇跡の書。庶民の日々の暮らしに一大エンターテインメントを見出す「探偵!ナイトスクープ」を作り上げたテレビマンであり、番組始まりとはいえ「全国アホ・バカ分布考」という前人未踏の日本語研究を成し遂げた学者であり、圧倒的に女性礼賛者である独身男が、成し遂げたテレビでは放映出来ない、女性器と男性器の名...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月19日

     女性器と男性器の呼び名の所以由来を日本霊異記をはじめとした膨大な資料の中から読み解いていく。

     とりわけ「まら」が仏教語源かどうかについての考察はスリリングで、古典にあたって間違いを修していく楽しみを味わえた。こういう発見や論理的展開があるから批評や研究というのは楽しいんだよなぁ、ととみに思う。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    人気番組「探偵!ナイトスクープ」のプロデューサーだった松本修氏が番組では、放送禁止コードに引っかかるため残念ながら取り上げられなかった女陰・男根に関する日本語について全国分布をまとめたものです。新書なのですが、学術的にもきちんと調査されていて日本国民必読の内容です。松本氏の文章もどこまでも紳士的で好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月22日

    筆者のあふれるばかりの思いが詰まった一冊。楽しく興味深く読ませて貰いました!
    「オソソ」は確かにイイなぁ…。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月04日

    2018/10/6 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
    2020/3/23〜4/4

    探偵ナイトスクープ発で絶賛された、「アホ・バカ分布考」の仕掛け人、松本修氏の眼の眩む様な努力の結晶の第二弾。男女性器の呼び方もみごとな周圏を描いていたことには驚かないが、その呼び名のルーツを探る氏の執念に脱帽。素晴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年10月30日

    <目次>
    第1章  東京での「おまん」の衝撃
    第2章  「虎屋」の饅頭へのあこがれ
    第3章  「チャンベ」「オメコ」らの愛すべき素性
    第4章  女性の心に生きる「オソソ」
    第5章  琉球に旅した『古事記』の言葉
    第6章  「チンポ」にたどり着くまで
    第7章  「マラ」と南方熊楠
    第8章  女陰語の将...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています