月虹の夜市

月虹の夜市

作者名 :
通常価格 1,527円 (1,389円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

江戸は浅草川に浮かぶ島、箱崎の小さな船宿「若狭屋」を切り盛りする女将のお涼。彼女は父親譲りの見えてしまう体質で、その面倒見の良い人柄からか、あやかしたちの世話をつい焼いてしまうのだった。探し物をしている片目片足の小僧、小さな蹴鞠の神様たち……。人間以外のお客が今日もまたお涼の元をふらりと訪れる。あの世とこの世をつなぐ不思議な船宿を舞台に贈る、愛おしくてあたたかい、あやかし奇譚。好評シリーズ第2弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
ページ数
236ページ
電子版発売日
2019年01月25日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

月虹の夜市 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月01日

    書き下ろし

    不思議系の人情話8話が、前後して繋がっていく。

    日本橋の船宿の女主お涼は、神やあやかしが見える不思議な力があり、いろんな不思議が寄って来る。この力は祖母の志乃、父の甚八から受け継いだもの。
    お涼は猿田彦命という神様から「嫁にする」と言われているのだが、猿田彦は嫉妬深く、お涼が寺子屋で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月30日

    江戸は浅草川に浮かぶ島、箱崎。多くの船や荷が行き交うこの地の川辺で、お涼は女将として小さな船宿を切り盛りしている。父親譲りの見えてしまうたちのせいか、面倒見の良い人柄からか、お涼はいつのまにか集まってくるあやかしたちの世話をつい焼いてしまうのだった。探し物をしている片目片足の小僧、小さな蹴鞠の神様た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月24日

    匂いとか音色とか気配とか、不確かで目には見えないものなのに、忘れ去られた遠い記憶を蘇らせるものに人は弱い。
    何故かは分からないけれど、心の奥を揺さぶり自然と涙してしまう。

    見えないモノが見えてしまう、不思議な力を持つお涼の周りで起こる摩訶不思議な連作短編の続編。
    この世とあの世を行き来する妖しいモ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年02月27日

    お涼のお祖父さん、お父さんの子どもの頃の話があり、そう繋がってくのかと、お慶さんの生き方素晴らしいなあ、おもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています