小学館版 学習まんが人物館 勝海舟

小学館版 学習まんが人物館 勝海舟

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

明治維新の“幕府側の”主役。

貧乏旗本の家に生まれた勝海舟は、苦労して蘭学を学んだ結果、幕臣という立場にとらわれず、日本が進むべき道を見通す視点を手に入れます。そしてそれによって、諸外国からの干渉をはねのけるために、国としてひとつにまとまることを最優先するべきという答えを見つけだし、新政府軍の西郷隆盛と会談し、戦わずして江戸城を明けわたします。このように明治維新の幕府側の主役ともいえる勝海舟の一生を、咸臨丸による太平洋横断などのさまざまな功績とともに紹介します。

この作品の容量は、83.0MB(校正データ時の数値)です。

【ご注意】 

※本書電子版には、底本の資料編は掲載されていません。

※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

※この作品は一部カラーが含まれます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 学習・知育
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館版 学習まんが人物館
ページ数
160ページ
電子版発売日
2018年12月28日
紙の本の発売
2012年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
84MB

関連タグ:

小学館版 学習まんが人物館 勝海舟 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年05月06日

    勝海舟の学習漫画を見つけるとついチェックしてしまう。
    前回読んだ方のマンガでは、江戸の無血開城の後の話があっさりしすぎていたんですが、今回のほうは、その後もそれなりにきちんと書かれていたのがちょっとウレシイ。

    絵も今風なので読みやすい。ただ表紙のセンスがイマイチかも・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています