BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

電子書籍特典 電子化記念スペシャル対談 「JUNEからBLへ “心の不良”だったあの頃 翻訳家・柿沼瑛子×著者・溝口彰子」収録!

いま、BLに何が起きているのか?
女性たちを虜にする快楽装置=BLの歴史と本質に迫る画期的評論。

男性同士の恋愛を軸にした一大エンタテインメント・ジャンルであるBL(ボーイズラブ)。
BLは、おもに異性愛女性が作り手・読み手であるにもかかわらず、近年、現実よりもホモフォビア(同性愛嫌悪)や異性愛規範、ミソジニー(女性嫌悪)から自由な作品が生まれている。
本書は、BLの歴史をたどりながらその謎に迫り、作品や作り手・受け手の意識、社会との向き合い方がどのように変化してきたかを、作品分析によって明らかにする試みである。

三浦しをん氏、絶賛。
「“あらゆるひとにとって自由で居心地のいい社会”のありかたを、BLは追求し、提示しつづけている。その事実を、愛をもって冷静に分析した論考。本書を読んで、これからもBLを愛していこうと改めて決意しました!」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
太田出版
ページ数
360ページ
電子版発売日
2018年12月21日
サイズ(目安)
12MB

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年04月06日

    【公正で普遍的BL論】
    質の高い文化論を読みたい人におすすめの一冊。

    BLを知らない人にもわかるように書かれ、読めばBLのことが一通りわかる。作中の例示作品は商業オリジナルが主だが、二次創作もこの論を適用できる。

    何より卑屈さはなく、愛情を込めてBLを語る本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月17日

    アインシュタインの有名な「常識とは18歳までに身につけた偏見のことをいう」という言葉を、何度も読書中に思い出しました。
    ある時代では「普通」だったものが、数世紀経ってあるいは数十年だって「普通」ではなくなることがあると知っているはずなのに、いつのまにか、昔からあるものはすべてこれからもあるはずだと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月19日

    長年BLを学術研究してきた著者による本。

    当初は女性たちが安全な場所で性愛の物語を楽しむだけだったのが、ゲイの目線を意識し始めたことで、女性も含めてあらゆるマイノリティに優しい物語へと進化している!という話です(雑に要約すれば)。感動的。

    自分たちのつくるものが誰かを傷つけているかもしれないと自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月22日

    インターネット上ではたびたび「BLはゲイ差別ではないか」という批判が起こり、その度にBL愛好家たちは「どうすればBLが差別ではなくゲイフレンドリーな社会づくりに与することができるか」を考え、応えようとしてきた。本書にも詳しく書かれている"やおい論争"は1992年のできごとだが、こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月23日

    BLを好む理由について一度でも考えたことのある人はこの本を読むべき!!

    BLって、ジェンダーフリーな社会のパイオニアなんじゃないかな?!って。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月24日

     私自身は、小説や漫画を読んでも掛け算は起きないが、BLも読む位のレベル。
     ずーっと疑問に思っていた「なぜ男同士じゃないといけないのか」ということの一つの答えがここにあるように思う。

     性的ファンタジーとしてのBL。しかし、実際のゲイに対して女性は気遣いを持つという。女性らの夢物語でゲイの性を弄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    ''なぜ自分はBLが好きなのか。''

    考察好きなBL愛好家たちはたぶん誰でも自分に対し問いかけるであろう、この命題。
    私も折に触れ考えるので、その解を求めて手に取った。

    本書の著者はレズビアンでBL愛好家。
    どうやらレズビアンのBL愛好家は珍しくないらしい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月20日

    いくつかのやおい論は読んだことがあります。しかし、どれも釈然としなかった。そこに論じられていることは、確かにただしいかもしれないが、私の実感からは遠く、もう一歩踏み込んで欲しいと思うことばかりであった。その点この本は、やおい論に一石を投じ、新たな理論を切り開いている感がある。特にジェンダー規範、家父...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング