いつか優しい雨になる

いつか優しい雨になる

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

社長御曹司の許嫁との結婚を控えた内気な財閥の娘・結衣。ところがある日、許嫁が失踪。結婚相手が許嫁の弟の和樹に変わったと聞かされる。
優秀で冷徹な和樹に嫌われていると自覚しながらも、両家のために結衣は結婚を受け入れる。
しかしチャペルでの誓いの口づけは氷のような視線とは裏腹に、蕩けるほどの熱を帯びていて――。
人気のヒーロー視点番外編も収録!

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
メディアソフト
掲載誌・レーベル
ガブリエラブックス
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年12月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

いつか優しい雨になる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    切ないなー

    Leasa 2021年05月03日

    ただのお嬢様のヒロインかと思ったら、芯の強いがんばり屋さんでした。

    頑張って頑張ったので最後はもう少しラブラブして欲しかったかなー。

    両片思いで切ないお話でしたが、一言でいうと、お兄さんに振り回されるお話かな。

    一気読みでした☆

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    せつなーい!

    ミー 2020年06月26日

    お互いに想い合ってるのに、気持ちがすれ違い
    兄によってかき回されて、兄によって 丸く収まる結果になりましたね。
    最後に気持ちを確かめ会えて良かった!
    ストーリーは面白いけれど、全然TLじゃなかったのが少々不満です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ひとみんぐ 2021年04月15日

    途中までヒロインが可哀想すぎて読んでてシンドイ展開です。家に振り回されながら健気に耐えるヒロインをよそに、ヒーローはそのヒロインに冷たい態度。ヒーロー目線の話が最後の方にしか入らず、何を考えているのかわかずヤキモキしました。
    それだけに最後のパンケーキの下りは同一人物?と言いたくなるほどのデレ(笑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    雨かー

    なかなかの 2020年04月01日

    読んでる間、息苦しかった〜。思い込みと誤解ね。辛いわねー
    最後にどんな風に分かり合えるか?幸せになるのか?気になって一気読みしちゃった……

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    切なくて泣けた

    ショコラ 2020年07月13日

    お互いの家に翻弄されながらも、2人がお互いを想いやる気持ちが深いのに、深すぎるからか誤解からのすれ違いで最後の2節は涙なしには読めません。
    でも最後に、原因となったお兄さんが良い働きをしてくれたのは、ナイスでした!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    切なくて…

    ましゃえ 2020年07月09日

    始めからずっと切なくて…。
    実は相手を大切にするあまりの、お互い本当の気持ちに気がつけなくて…という切なさ。
    本当は甘々なのに。
    せっかくだから、もっと甘々で終わって欲しかったです。甘さ足りませーん!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    切ないです

    うめとし 2021年03月18日

    みんなが優し過ぎて辛かったけど、ハッピーエンドで良かった❗️
    定番だけど最後まで飽きなかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    健気で愛おしい

    さわ 2021年03月02日

    ヒロインの結衣ちゃんが、お嬢様なのにひっそりと道端に咲く野花のようで健気で可愛らしく、その存在が愛おしく思えます。
    こんな可愛らしいヒロインが側にいるのに、手を出さないように必死で我慢をしてるヒーロー和樹も良かったのですが......ヒロインの父親を排除しようと最初から工作してた点がイマイチでした。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています