百姓たちの江戸時代

百姓たちの江戸時代

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

江戸時代の人口の八割は百姓身分の人々だった。私たちの先祖である彼らは、何を思い、どのように暮らしたのだろうか? 何を食べ、何を着て、どのように働き、どのように学び、遊んだのか? 無数の無名の人々の営みに光をあて、今を生きる私たちの生活を見つめなおす。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくまプリマー新書
電子版発売日
2018年12月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

百姓たちの江戸時代 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    江戸時代の百姓というと、米を作っても年貢に取られ、麦や雑穀を食べて、食い詰めれば娘を売って‥‥という悲惨なイメージがあるのは、子どもの頃に見た映画やテレビの時代劇の影響があるのかなと思う。今の若い人は時代劇を見ることはあまりないだろうし、学校で習うのは相変わらず武士が行った政治であり、町人文化であり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月11日

    対象年齢が低めのプリマー新書なので、読みやすくわかりやすい。
    江戸時代の百姓についてのことが浅く広く書かれているけれど、これだけわかりやすく書かれていれば十分かも。
    後ろに参考文献がしっかり載っているので、ここから知識を派生させることもできるだろうし、江戸の民衆についての入門書としても良書だと思う。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    江戸時代の百姓は自分が思っているよりも豊かな暮らしをしていたんだなという感想。
    人と人の繋がりがあり、家を受け継いでいく使命を全うし時には学問、文化活動や遊びに興ずる。
    現代人よりも高い幸福度で一生を終えた人もいるだろう。

    子供の頃に読んだ歴史マンガは偉い人視点で描かれてて百姓はいわばモブ扱いだっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月08日

    5分の1ほど読み進めて、もういいかな。と一度置いた本だったけど、「ひなちゃんの歳時記」を読んで、やっぱり昔の暮らしが知りたい!と再度手に取ってみた。

    意外なことに、「基礎知識」がついたからかするすると読むことができ、「ひなちゃんの歳時記」で学んだことが出てきたりすると嬉しくなってより進む・・・とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月03日

    本書は江戸時代の家と村、等身大の百姓たちの暮らしを具体的に記した本である。
    百姓というと、虐げられていたイメージが強いが、安定的な経営を目指し農業だけでなく商業も含め多角経営を行っていた事がわかる。また結いなど当時の共助の仕組みは、現代においても参考となる事が多い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    普通に日本史を勉強しているだけではわからない百姓たちの生活スタイルについての本。
    昔はいい時代だったのかな?ってしみじみ思った。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月05日

    [ 内容 ]
    江戸時代の人口の八割は百姓身分の人々だった。
    私たちの先祖である彼らは、何を思い、どのように暮らしたのだろうか?何を食べ、何を着て、どのように働き、どのように学び、遊んだのか?
    無数の無名の人々の営みに光をあて、今を生きる私たちの生活を見つめなおす。

    [ 目次 ]
    第1章 江戸時代の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています