大坂城全史 ──歴史と構造の謎を解く

大坂城全史 ──歴史と構造の謎を解く

作者名 :
通常価格 1,134円 (税込)
紙の本 [参考] 1,296円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

かつて浄土真宗の聖地として栄え、織田信長の後を承けた豊臣秀吉、徳川家康・秀忠まで、時の権力者が本拠地として修築を重ねた大坂城。豊臣家の居城として栄華を極めるが、大阪夏の陣で落城。江戸幕府に再築されるものの、幕末には大部分が焼失した。明治以降、大阪市民の支持を得て天守閣が復興、現在まで市民に愛され続けている。長きにわたり権力者たちの興亡の舞台となった名城を、最新の研究成果に基づき読み解く、通説を刷新する決定版通史。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2018年12月28日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年12月14日

大阪城は要衝の地に建つ巨大要塞として、日本史上における最大の建築物といって良いと思う。本文にある通り、二度の大炎上(大坂の陣と慶喜逃亡後)が、時代の転換期だった事もそれを象徴している。全史というだけあって、発端の石山本願寺から現代までの変遷が、最新研究や考証を基に、当時の目撃談などエピソードを交えな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは16,900

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!