ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来

ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

AI、ブロックチェーン、ロボット、電子政府……「課題先進国」日本を襲う、さらなるデジタル化の荒波を、いかにして乗り越えていけばいいのか? すべてのヒントは、世界に先駆けて「未来社会」を実現したエストニアにあった! 孫泰蔵氏特別インタビュー「僕がエストニアに衝撃を受けた理由」収録!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
364ページ
電子版発売日
2018年12月20日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月12日

    なぜ エストニアにできて 日本にできないか。

    エストニアは 小さい。人口130万人。

    だから 世界に 出ていかなければ ならない。

    日本は それなりに 人口があり マーケットも ある。

    だから 日本国内だけで なんとか なってします。

    今までは それでもよかった。

    しかし これからは そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月18日

    ハンコ文化なくそう!
    ブロックチェーン
    柏の葉ティーサイト
    スマートコントラクト
    エックスロード
    ガードタイムGDPR
    イーレジデンシー
    グローバルフリーランサー
    エコシステム
    プログラミング
    デジタルロイヤー
    プルーフオブワーク
    マークルツリー
    ハッシュ関数
    P2P
    自然

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月27日

    エストニアの電子政府、スタートアップが育ちやすい環境(政府の支援やマインド、教育の仕組み等)が日本より大きく進歩していることがわかった。

    日本は大国であるが故にエストニアの良い例をトレースすることができないとは記述があるものの、自分自身のマインドセットとしてはとてもためになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月04日

    ソ連からの独立からの歴史や、エストニアの一人あたりGDPが決して高くないこと、なども触れられていて好感が持てる。ただ、国や政府が「顧客」という言葉を使うのは違和感があるのだが、古いのだろうか。信任を受けて、国家を運営しているのは間違いなく、主役が市民であることは間違いないのだが・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月10日

    昨今、テクノロジー畑からは熱視線が送られているエストニア。
    本書はそのエストニアの事例やそこに至る物語、日本との対比といったところが軸になっている。

    エストニア礼賛記事・書籍がそれなりに出てきているが、本書では必ずしもエストニアの全てを盲信しているわけではない視点から描かれる。
    基本的に数字でエビ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    今の日本に蔓延っている閉塞感を打ち破るヒントが多くあると感じました。将来的にこの本をこのタイミングで読んでおいてよかったと思う日もきっと来ると思います。

    この本を読むまで、AIやブロックチェーン等の最近話には良く聞くけれど実用的にはどういう可能性を秘めているのかイメージできませんでした。しかし、本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月26日

    エストニアの電子政府の取り組みを紹介した一冊。
    内容は非常に刺激的で面白い。
    私がIT技術者であるからかも知れないが、テクノロジーを使って様々なことを効率的に行っていることは日本でも是非やってほしい。

    ブロックチェーンを導入することで、一番効果があるのは、公的な手続きだと個人的には思っているので、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月15日

    ブロックチェーンについての講演で、エストニアは進んでいるという話を聞いて、状況が知りたいと思っている矢先にこの本に出合った。ソ連から独立した時に、ソ連の人たちが去り、セキュリティの研究所が残り、数学に優れた国民で、なおかつ、人口が130万人しかいない。この状況を電子政府を作ることによって、365日2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    2021/01/01エストニア つまらなくない未来 孫泰蔵
    ポストコロナ→デジタル化は最重要戦略テーマ
    IT立国→電子政府を実現した
    1.政府デジタル化 ハンコも書類もない
    電子身分証デジタルID ①認証用ID②署名用ID
    納税・選挙・医療
    巨大なDB不要→各DBをそのまま接続
    民間のシステムにも接...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    世界で一番電子化が進んでいる国、エクトニアを解説した本。国のホームページにログインすると、個人情報が全て載っているが、それだけでは無く、いつ誰が自分の情報を見にきたかが1秒単位で明らかになっており、権限が無く他人の情報を見た人は法律違反になる(大統領も自分と家族の情報しか見ることができない)。徹底し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています