テクノロジーの地政学 シリコンバレー vs 中国、新時代の覇者たち

テクノロジーの地政学 シリコンバレー vs 中国、新時代の覇者たち

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

■ シリコンバレーと中国企業の動向比較で見えてくる、未来の産業地図

過去20~30年間、先端IT発祥の地と言えば常にシリコンバレーを含む米西海岸でした。
そして今、この地の企業群は、IT産業だけでなく多くの産業に影響を及ぼしています。

例えばグーグルが研究を進める人工知能は、スマホや自動運転車の開発にも波及。
アマゾンの無人コンビニ「Amazon Go」は、小売業の在り方すら変えようとしています。

一方、中国のテクノロジー産業は、人工知能開発の資金調達額やEVの販売台数、モバイル決済の取引総額などですでに世界一の地位を確保しており、シリコンバレーを凌駕する勢いで成長しています。

本書では、こうした変化を各論で見ていくために、シリコンバレーと中国の現地動向に詳しい専門家をゲスト解説として招聘。
彼らの知見を借りながら、マーケットトレンドや主要企業の取り組みを紹介しています。

さらに、今後のゲームチェンジャー候補となりそうな注目スタートアップも取り上げながら、各産業の未来を展望しています。
日本企業が「ソフトウェア経済圏」で生き残るために知っておきたい情報が満載です。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
336ページ
電子版発売日
2018年11月23日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
47MB

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

    シリコンバレーと中国を並列に扱いながら、最近のスタートアップとテック企業をまとめた良書です。アリペイ、ウィーチャットペイが出てきてからの中国で、腰を据えて生活したことがないのでいまいちよくわかっていない面もあったりしますが、北京五輪後から2010年ごろまでに感じていた成長力をそのままにテック分野に投...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    シリコンバレーで会社経営する2人の著者とゲストらが、現地と中国で急速に成長中のスタートアップを対比していくオンライン講座の内容をまとめた本。各分野スタートアップや大手が生き残りをかけて取り組むチャレンジングな内容が掲載されており参考になった。

    モビリティ分野の今後についてMaasのコンセプトからテ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月08日

    中国の次世代企業を事細かく紹介する本は少ないのでは?本書はその数少ない一冊。本書に書かれているように、中国からも学ぶ姿勢と意識は重要だと痛感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月22日

    『テクノロジーの地政学』読んだ。シリコンバレーVS中国の二軸から、人工知能・モビリティ・フィンテック、小売・ロボティクス・農業とフードテックを解説。両者で微妙に異なる資金の張り方と戦略の違いが面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月01日

    各事業ドメインにおける国毎の情勢比較整理に。テスラの雨漏り話、中国のナンバープレート政策と絡めたEV推進の思惑、野菜洗剤の話などが個人的には印象的だった。日本にいると思いつかない視点が増える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月13日

    ITに関する中国の動向を纏まった形で知ることは意外と難しいと思っていたのだが、この本は、シリコンバレーとの比較で中国のプレイヤーを具体的に知ることができるので重宝にできる。
    また、本著に登場する、その分野に詳しい解説者をフォローするのも良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月18日

    視点は興味が惹かれたが、カタログ雑誌のような内容だった。もっと深掘りして欲しかった。
    なぜ中国がこれほど進化したのか、シリコンバレーと中国ではどちらが勝つのか、その影響はどうなるのかとか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    6つの業界軸(人工知能、次世代モビリティ、フィンテック・仮想通貨、小売、ロボティクス、農業・食テック)と2つのエリア軸(シリコンバレー、中国)で、テクノロジーの最新動向を分かりやすく纏めている。

    SB出資企業も多く紹介されており、近年のテクノロジートレンドを短時間で把握する、という目的で読めば良本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    ①人工知能、②次世代モビリティ、③フィンテック・仮想通貨、④小売り、⑤ロボティクス、⑥農業・食テックの各分野において、シリコンバレーと中国のトレンドを簡潔にまとめた本。

    シリコンバレーと中国の2か所同時に最新の(2018年時点)トレンドをまとめているので、
    両国を比較しながら読めるのがグッド。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月02日

    人工知能、モビリティ、FinTech、小売り、ロボティクス、AgriTech/FoodTech、という6つの分野における主要な技術トレンドや投資動向、主要プレーヤーの概況をまとめた1冊であり、それぞれの分野をクイックにザッピングするのに最適。

    かつ本書の着眼点として面白いのは、タイトルに地政学とあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています