テクノロジーの地政学 シリコンバレー vs 中国、新時代の覇者たち

テクノロジーの地政学 シリコンバレー vs 中国、新時代の覇者たち

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

■ シリコンバレーと中国企業の動向比較で見えてくる、未来の産業地図

過去20~30年間、先端IT発祥の地と言えば常にシリコンバレーを含む米西海岸でした。
そして今、この地の企業群は、IT産業だけでなく多くの産業に影響を及ぼしています。

例えばグーグルが研究を進める人工知能は、スマホや自動運転車の開発にも波及。
アマゾンの無人コンビニ「Amazon Go」は、小売業の在り方すら変えようとしています。

一方、中国のテクノロジー産業は、人工知能開発の資金調達額やEVの販売台数、モバイル決済の取引総額などですでに世界一の地位を確保しており、シリコンバレーを凌駕する勢いで成長しています。

本書では、こうした変化を各論で見ていくために、シリコンバレーと中国の現地動向に詳しい専門家をゲスト解説として招聘。
彼らの知見を借りながら、マーケットトレンドや主要企業の取り組みを紹介しています。

さらに、今後のゲームチェンジャー候補となりそうな注目スタートアップも取り上げながら、各産業の未来を展望しています。
日本企業が「ソフトウェア経済圏」で生き残るために知っておきたい情報が満載です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
日経BP
ページ数
336ページ
電子版発売日
2018年11月23日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
47MB

テクノロジーの地政学 シリコンバレー vs 中国、新時代の覇者たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月25日

    【人工知能】

    ・2010アップルのsiri買収が大手のAIスタートアップ買収の流れを作った
    ・課題①データ収集②プライバシー保護③法的責任④人材確保(データサイエンティストの費用高騰)⑤AI活用の倫理⑥ビジネスインテグレーション

    ・2017政府による次世代AI発展計画
    ・BATなどはAIの研...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

    シリコンバレーと中国を並列に扱いながら、最近のスタートアップとテック企業をまとめた良書です。アリペイ、ウィーチャットペイが出てきてからの中国で、腰を据えて生活したことがないのでいまいちよくわかっていない面もあったりしますが、北京五輪後から2010年ごろまでに感じていた成長力をそのままにテック分野に投...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    シリコンバレーで会社経営する2人の著者とゲストらが、現地と中国で急速に成長中のスタートアップを対比していくオンライン講座の内容をまとめた本。各分野スタートアップや大手が生き残りをかけて取り組むチャレンジングな内容が掲載されており参考になった。

    モビリティ分野の今後についてMaasのコンセプトからテ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月10日

    簡潔にまとまっていて,ささっと読めて良かった. 米中企業とも,日本企業とは2桁以上違う投資をしていて,危機感を感じた.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月08日

    中国の次世代企業を事細かく紹介する本は少ないのでは?本書はその数少ない一冊。本書に書かれているように、中国からも学ぶ姿勢と意識は重要だと痛感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月22日

    『テクノロジーの地政学』読んだ。シリコンバレーVS中国の二軸から、人工知能・モビリティ・フィンテック、小売・ロボティクス・農業とフードテックを解説。両者で微妙に異なる資金の張り方と戦略の違いが面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月01日

    各事業ドメインにおける国毎の情勢比較整理に。テスラの雨漏り話、中国のナンバープレート政策と絡めたEV推進の思惑、野菜洗剤の話などが個人的には印象的だった。日本にいると思いつかない視点が増える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    米中のテクノロジー企業をジャンル別にまとめて解説した本。

    現在におけるテクノロジー業界の動向を頭の中でざっくり整理するには良い本だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月19日

    ソフトウェア革命の進む、シリコンバレー・中国中心にテクノロジーごとに個別の状況、企業を紹介・比較する。
    地政学的な要素は薄いと個人的には感じたが、俯瞰的に世界の状況を捉えられて興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月10日

    新技術への適応に関して、日本よりも中国を含む海外の方が優れていることを再確認。
    様々なスタートアップ企業のビジネス内容は面白かったし、早く日本でも普及してほしいと思う。
    一方で日本の状況には全く触れられていないため、どこか遠くの世界の出来事にも感じさせる本でもある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています