空気は読むものではない。吐いて吸うもの―――自由を見失わず自由に生きる

空気は読むものではない。吐いて吸うもの―――自由を見失わず自由に生きる

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

自分を見失わず自由に生きるために、心に留めておきたい30のこと。

・自分の心を冷凍しない

・智慧とは「自分を見失わない」こと

・人間関係の秘訣は“小さな垣根”

・親から独立宣言をしよう

・欠点こそ武器になる

日頃から悩み相談を受けることの多い、
禅宗のお坊さんが、若い人に向けてのメッセージをまとめた1冊。
禅語や自らの経験談、失敗談を交えながらの話には、これからの人生を歩くヒントに溢れています。


■目次

はじめに 人生仕入れのとき――その“悩み”が肥やしとなる

●1章“過去の私”を“今の自分”の励みにするという生き方
・誰もが持つ“素晴らしいギフト”を発掘するために
・感性を澄まして生きていく
・精一杯やったことは、けっしてムダにならない
・“自分を育てる勇気”が幸せの種に
・成功も失敗も「小さく」ていい
・自分の心を“冷凍”しない

●2章 日々のちょっとした意識が人生を大きく変えていく
・「興味がわく」という感覚を大切に
・“空気”なんてよまなくていい
・自分で自分を見くびるな
・「このサザエ十六文」――自分の殻に閉じこもらない
・欠点こそ武器になる
・正しい道は一つではない

●3章 本当の意味で「大人になる」ということは
・「残りの姿」が美しい人
・“子ども”と“大人”の決定的な違いとは
・人間の成熟は「言葉の修行」にある
・“言い訳”をしたくなったら
・不平不満に振り回されないために
・智慧とは「自分を見失わない」こと

●4章 大人の人間関係には「ルール」がある
・相手の見えない心を「観る」ために
・人間関係に必要な“ほどよい距離感”
・「小さな垣根」を意識する
・幅広い年齢層と付き合う
・メンターを見つけよう
・世間は甘くないと知る

●5章 まず「その一歩」を踏み出そう
・親から「独立宣言」をする
・時間とは“命”そのもの
・「十年を一生」ととらえてみると
・自国について矜持を持つ
・「食べていければ十分」では夢がない
・結果よりも「やってみる」ことが大事

■著者 藤原東演
宝泰寺住職、サールナートホール館長

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
あさ出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2018年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

空気は読むものではない。吐いて吸うもの―――自由を見失わず自由に生きる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月16日

    様々な参考書を提示しながら自分の考え方、捉え方を分かりやすく説明してくれる。『愚痴』の捉え方に納得。道理を理解して感情的には動かないように一呼吸置く事。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています