[増補リニューアル版] 人生を変える80対20の法則

[増補リニューアル版] 人生を変える80対20の法則

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

初版刊行以来、この20年間に有能な数百万人に読まれてきた世界的ベストセラーが待望のリニューアル。法則実践への新しいアプローチを示す最新情報を大幅増補!
ムダな努力をせず、最小限の努力で最大限の成果を上げる人になろう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
CCCメディアハウス
ページ数
504ページ
電子版発売日
2018年09月07日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

[増補リニューアル版] 人生を変える80対20の法則 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

    富の80%は上位1%の人が所有しているという話は聞いたことがあったが、こういう不均衡が資本以外あらゆるものにおいて存在するのだという考えだった。

    たとえば、努力した100%全てが100%の結果につながるわけではなく、案外、結果の80%は努力してきた20%に起因している場合が多い。

    数字はタイトル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月12日

    80対20の法則は、簡単なようでいて、理解するのが難しいし、また実践するのは、尚更難しい。自分の解釈では、人間は、全てを均等に頑張ることは、できない、一日でいうなら、大体3時間ぐらいしか頑張れない。そして一日の付加価値、生産性は、その3時間から8割生まれる。これを1年、3年、10年と拡大していけば、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    私の人生の中で、大きな影響を受けた本の一つになった。最小限の努力で最大の効果があがるというキャッチコピー。集中すべきところを見極める能力、気がつく力など養うべきことも多いが、ものの見方を変えてくれた本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月28日

     80対20の法則とは経済の視点でかなり有名な法則で既に知ってはいたものの、印象に残った話としては、仕事、投資、人生についての80対20の法則であった。意外にもこんなところにこの法則を当てはめて人生を過ごしていく上で役に立つのかとハッとさせられる場面も多々あった。知っていて全く損のない知識が大いに書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月10日

    リチャード・コッチの経験論
    本の価値は80%はページ数にして20%以下の中にある。
    →通読する20%の時間で80%を吸収できる。
    この勉強方法で勉強の能率が格段にあがった。

    p.75この80対20の法則がわかると
    努力を1点に集中、最小の力で主導権を握れる。

    第Ⅱ部はビジネスの話なので今の自分に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月28日

    ・「80対20 の法則」とは、原因、投入、努力の一部(約20%)が、結果、算出、報酬のか大部分(約80%)をもたらす、という法則である。パレートの法則とも呼ばれる。

    ・80対20 の法則の利用法には、次の2つがある。
    1.80対20分析:原因と結果、投入と算出の関係を見極めるために、データを集めて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    80対20の法則のライフハック的な本。パレートの法則が組織やビジネスにおいてだけでなく日常生活や幸福感にも当てはまるというのは面白い話だと思った。しかし陰と陽は一体であり、無駄な80があるからこそ、有益な20が存在できると考えると、80の存在も欠かせないのではと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています