学校の情報セキュリティ実践マニュアル

学校の情報セキュリティ実践マニュアル

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

■本書の概要
本書は、主に小学校・中学校・高等学校における情報セキュリティポリシーの策定やICT活用のためのガイドブックです。
セキュリティ対策に取り組む教職員の方や教育委員会の方に向けて指南します。
文部科学省「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に準拠しています。
学校現場における情報セキュリティの入門書として、現場の目線で気を付けること、守ることを解説します。
実際に起こってしまった事故の例や具体的な課題を挙げ、取り組むべきポイントを示しています。
■対象読者
本書は、教育委員会や学校における、情報セキュリティ管理者、学校教育情報セキュリティ・システム担当の方、一般の教職員の方、ITコンサル/SIerの方を主な対象としています。
■読者特典
本書の付録で紹介する、情報資産の管理や報告などに便利な帳票ファイルをダウンロード提供いたします。
■目次
第1章 基本編
1. 学校の情報セキュリティとは
2. 情報セキュリティの考え方
3. 情報資産の分類と管理
4. 組織体制の確立
5. 組織的な情報セキュリティの確保
第2章 教職員編
1. 情報資産の取り扱い
2. 情報資産の外部持ち出し
3. コンピュータウイルス感染への留意事項
4. 危険な状態や行為と対応策
5. コンピュータウイルス感染時の対応
6. 児童生徒への指導事項
第3章 教育情報セキュリティ管理者編
1. 情報セキュリティ体制の確立
2. 情報セキュリティを運用するために必要なこと
3. 情報セキュリティ管理
第4章 システム編
1. 物理的セキュリティ対策
2. 技術的セキュリティ対策
3. システム運用等
4. 外部委託・外部サービスの利用
付録
1. セキュリティポリシーが策定されていない場合の応急対策例
2. 使える教育情報セキュリティ関連帳票例
※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 言語・プログラミング
出版社
翔泳社
ページ数
128ページ
電子版発売日
2018年07月27日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
48MB

学校の情報セキュリティ実践マニュアル のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    文科省のマニュアルの解説本である。文科省のマニュアルが色気もそっけもないのに対して、カラフルでイラスト入りである。しかし、そのマニュアルに沿っているために、児童生徒への指導がわずか1ページしかない状態である。教師が知りたかったのは自分のセキュリティよりも児童生徒の情報セキュリティをどう守るか、という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています