お別れホスピタル 1

お別れホスピタル 1

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

産科の次は終末期病棟!沖田×華、最新作

累計325万部超(電子版含む)!講談社漫画賞少女部門受賞!
NHKで連続TVドラマ化の大ヒット作『透明なゆりかご』著者・沖田×華の渾身新境地!!

『透明なゆりかご』で産婦人科という「産まれる命」を描いてきた著者が次に描くのは、「死にいく命」が集う終末期病棟(ターミナル)。

死が一番そばにある病院で働く2年目の看護師・辺見。
彼女が目にするのは、さまざまな患者の“死と人生”をめぐる赤裸々で剥き出しの悲喜劇ドラマです。

長寿が誰にとっても当たり前となった現代であなたにとって、家族にとって「生きるとは?死とは?」をストレートに問いかける問題作、ここに登場!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
144ページ
電子版発売日
2018年08月09日
サイズ(目安)
20MB

新刊オート購入

お別れホスピタル 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    ほっとする内容

    (匿名) 2021年04月28日

    題材が、暗くタブー的なところですが、絵がやわらかくほんわりした感じなので、暗さを感じさせません。

    色んな患者さんがいて、様々なことが起こりますが、わりと楽しく読めると思います。

    あと、実際に現場で働いている方の話を元にしているので、「こんなことあるんだー」とためになるところもありました。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    考えさせられます

    砂肝 2021年02月03日

    紙の本で1巻~5巻所持しております。

    他界した父親の入院してた頃を思い出します。

    入院患者が何を思い

    その現場を指揮されている看護師が何を思い

    人の行く先を解りやすく描かれていて、より考えさせられます。

    お勧めしたい1冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    個性的な患者さんのエピソードが多くてホロっときたり笑ったり。
    終末期病棟のお話ではあるけれど、重苦しさはさほどなく読みやすかったです。
    最後のエピソードはちょっと重く感じましたが…。

    ネタになるエピソードの陰で看護師さんたちの奮闘や患者さんの背負ってきたものなどもちゃんと描かれていて、単純なエンタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月17日

    透明なゆりかごを読んでいるので、手に取ってみた。終末期病棟の話で、テーマが重いが読みやすい。死というものへの当事者、他者からの向き合い方が多種多様であった。軍曹の話は胸が締め付けられるようだった。本庄さんの話は、患者1人1人に向き合うことが現実的に難しい面もありどの程度まで時間を1人に割けることがで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    壮絶

    1月のクリスマス 2021年02月02日

    こちらもまたいろいろなケースがあります。
    やっぱり2話のようなエピソードは壮絶ですよね・・・
    長年の恨みをぶつけるために通ってるなんて・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月02日

    終末期病棟で働き始めた看護師2年目の辺見さん。
    そこで出会う個性的な人々、6人を描いた物語。

    熾烈な人生を送ったマサさんは、なぜ穏やかな笑顔で亡くなったのか?
    軍曹と呼ばれる頑固な小川さんは、なぜ、肉を食べないのか?

    それぞれ6つのストーリーに、ホロリとします。

    人は、なぜ生きるのか?
    もし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    お別れホスピタル

    ぱよ 2019年10月24日

    かなり深刻なお話なのに、笑える…。コレが漫画として成立するとは思わなんだ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いまいち

    うゆちゅるり 2018年08月31日

    沖田さんの漫画は初単行本からずっと読んでいるけれど、これが1番面白くないかも。
    ギリギリムスメもいまいちだったけれど、ゆりかごに続くヒットを狙いすぎて失敗した感が否めない。
    なんだろう、この違和感。誰にたいしても感情移入できない。
    全てのお話が「あっそう」て感じ。ぜんぜん心に響かず、残らない。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月15日

    お別れホスピタル』は終末期病棟の話です。
     にぎやかな見舞客のある寝たきりの臼井さんを妬んで、使用済みのオムツ(パンツ)を投げ込む、隣の大戸屋さん。
     奥さんのことが大好きな85歳の大西さんを取り合う、79歳 独身の犬井さんと10年前にご主人を亡くした76歳の堀川さん。二人は大西さんを巡って日々喧嘩...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

お別れホスピタル のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • お別れホスピタル 1
    605円(税込)
    産科の次は終末期病棟!沖田×華、最新作 累計325万部超(電子版含む)!講談社漫画賞少女部門受賞! NHKで連続TVドラマ化の大ヒット作『透明なゆりかご』著者・沖田×華の渾身新境地!! 『透明なゆりかご』で産婦人科という「産まれる命」を描いてきた著者が次に描くのは、「死にいく命」が集う終末期病棟(ターミナル)。 死が一番そばにある病院で働く2年目の看護師・辺見。 彼女が目にするのは、さまざまな患者の“死と人生”をめぐる赤裸々で剥き出しの悲喜劇ドラマです。 長寿が誰にとっても当たり前となった現代であなたにとって、家族にとって「生きるとは?死とは?」をストレートに問いかける問題作、ここに登場!!
  • お別れホスピタル 2
    605円(税込)
    目の前で人が死んだ時、看護師はどうすれば 累計380万部超(電子版含む)! 大ヒット作『透明なゆりかご』著者・沖田×華、渾身の新境地。 さらに深く描く人間ドラマ!! 患者の飛び降り自殺の遺体を目撃した看護師・辺見… その出来事にショックを受けた彼女は… 重い問いに応える第2集。 人生の最期だから見える患者たち、それを支える看護師たちのリアルな姿がここにある… 超長寿時代に突入した今だから読むべき問題作、ご一読ください!
  • お別れホスピタル 3
    605円(税込)
    超高齢化社会の今だから読むべき問題作 累計15万部(紙+電子)突破! 死を迎える時、その人の人生すべてが表れる… 大ヒット作『透明なゆりかご』沖田×華が描く 終末期病棟の人間ドラマ、いよいよ第3集! モラハラ夫とその妻、ともかく人迷惑な患者、 認知症同士の恋愛、母の年金目当ての息子―― ひとりひとりの患者から見えてくる、 人が死ぬこと、そして生きることの“意味”。 沖田×華だから描ける、人間ドラマがここにある。
  • お別れホスピタル 4
    605円(税込)
    人生と看取りのリアルストーリーがここに。 『透明なゆりかご』『不浄を拭うひと』ヒット作連発の 沖田×華が終末期病棟(ターミナル)を描く! 引きこもりの妹サトコが突然、家に現れた… 彼女の抱える悩みはどうすれば解決できるのか? 死にゆく者と生きる者が触れ合う時に 見えてくるものとは―― 人間は、誰でも最期がある。 それぞれの最期が映し出す、生きるということ… 沖田×華の渾身作、第4集。
  • お別れホスピタル 5
    605円(税込)
    大きな反響を呼んだコロナ特別編、収録! 『透明なゆりかご』『不浄を拭うひと』も話題の 沖田×華が描く終末期病棟(ターミナル)だから 露わになる人間ドラマがここに! 主人公・辺見の憧れの先輩である赤根さんに なんとステージ4のガンが発覚してしまう… 大学入学が間近となった息子に対してどう接するべきか、 悩む赤根さんに、辺見ができることとは? そして雑誌掲載時に大きな反響を呼んだ特別編 「コロナと闘う看護師たち」を収録。 沖田×華にしか描けない“病院のリアル”… 第5集も胸の奥底を打つこと間違いなし!
  • お別れホスピタル 6
    605円(税込)
    SNSで大反響!終末期病棟コミック最新刊 累計50万部(紙+電子)突破! 新たに終末期病棟(ターミナル)に加わった看護師・九条。 とても優秀で仕事がデキる彼女だが、そこには裏の顔があった… 果たして九条の狙いとは何なのか…? そして雑誌掲載時に話題となった佐古ヒトミさん(第2集収録)の 1年録。 主人公・辺見を通して、“死”から“生”を描く問題作…! 待望の第6集、登場。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています