暁花薬殿物語

暁花薬殿物語

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

下級貴族の生まれながら、人数合わせで急遽入内することになった暁下姫(きょうかひめ)。大貴族出身の后候補が揃う宮廷で、若き帝を巡る女たちの争いに巻き込まれるのだが……。
 女性だてらに薬師を目指していた暁下姫は『ゴールは帝と円満離縁』とばかりに、香(こう)や召し物に医薬の知識をフル活用した工夫を施し、あの手この手で帝を遠ざける。しかし、そのことが宮廷を巻き込む大貴族の権力争いにまで発展し――?
 降りかかる火の粉は医薬で振りで払う! 薬師(くすし)を志す姫君の、“皇后を目指さない”平安宮廷ファンタジー開宴!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見L文庫
電子版発売日
2018年07月14日
紙の本の発売
2018年07月
サイズ(目安)
2MB

暁花薬殿物語 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年01月14日

    突如として東宮になった人に、突如として嫁ぐ事に。

    すぐ終わる人に、教養ある娘を嫁がせたくない、というのは
    分かりますが、終わらなかったら、どうするのでしょう?
    名前だけの、と言われて、別に嫁がせられるのはいいですが
    言い聞かせて育てていたら、あれ? と本人が
    首傾げたりしないのでしょうか??

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月23日

    後宮での立后を題材とする平安朝風ファンタジー。

    主人公は一族の本命の后がねの姫の身代わりになった、傍流の姫。
    といっても、まったく悲劇的な雰囲気はなく、本人が目指せ、円満離縁と口にするほど。

    その闘争心ゼロの姫君、千古。
    虫愛づる姫君ではなく、薬草にご執心。
    その知識が、帝の信頼をかち得ていくの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年09月30日

    平安風宮廷ファンタジー。

    いきなり円満離婚のために大蒜丸齧りとは中々にぶっ飛んだヒロインだと思ったが、自身に仕えてくれる女官たちへの気遣いや、自身の振る舞いが彼女たちに影響することをしっかりと理解してくれるのは中々に好感が持てる。
    帝様も型破りな部分が目立つがよく見れば芯の通ったいい男。
    とりあえ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年01月26日

    Tさんのおすすめ。

    ありがちな帝ものかと思っていたら、
    案外面白かった。

    薬師を目指して毒を試し、
    帝を選ばれないことを目標に入内する姫の
    屁理屈というか考え方が悪くなかったし、
    そうそうに登場した猫の命婦、
    主人公につきそう幼なじみの従兄弟、
    振る舞いが悪ければ姫を手刀で落とすという乳母と
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    まずまず面白かった

    りっちゃん 2021年02月16日

    変わり者の帝と4家の姫君。どこぞの「烏」が思いうかんで「よくある話だわなぁ」とあまり期待せずに読んでいったが、月薙国が以外にしっかりしているのとキャラクターが皆良い感じだったので とても楽しめました。。のちに平安京とリンクさせそうな伏線あり。一癖も二癖もありそうなお姫様たちとこの後も物語が広がる予感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年08月23日

    話が動き出すまでが、ちょっと退屈。続き物の一巻だからこんなものかな、と思って読まないと苛々するかも。キャラたちも総じて顔見せ的な登場なので、面白くなるとするなら次巻以降かな。次に期待。

    帝のキャラクターは好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

暁花薬殿物語 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 暁花薬殿物語
    682円(税込)
    下級貴族の生まれながら、人数合わせで急遽入内することになった暁下姫(きょうかひめ)。大貴族出身の后候補が揃う宮廷で、若き帝を巡る女たちの争いに巻き込まれるのだが……。  女性だてらに薬師を目指していた暁下姫は『ゴールは帝と円満離縁』とばかりに、香(こう)や召し物に医薬の知識をフル活用した工夫を施し、あの手この手で帝を遠ざける。しかし、そのことが宮廷を巻き込む大貴族の権力争いにまで発展し――?  降りかかる火の粉は医薬で振りで払う! 薬師(くすし)を志す姫君の、“皇后を目指さない”平安宮廷ファンタジー開宴!
  • 暁花薬殿物語 第二巻
    704円(税込)
    離縁を目指していたはずなのに正后になっていた暁下姫。鄙の地で鬼が跋扈し、村が忽然と消えたという報告を耳にする。本当に村は消えたのか、村人はどこにいるのか、そしてこれは誰の思惑か。帝と暁下姫が鬼を討つ!
  • 暁花薬殿物語 第三巻
    682円(税込)
    成子掌侍と帝が陰で逢瀬を重ねていると知り、一人拗ねていた暁下姫・千古は、都鼠による火災の噂を聞きつける。坊主に変装し調査へ乗り出す千古だが、その頃自身に入れ替わった成子には鼠の陰が忍び寄っていた――。
  • 暁花薬殿物語 第四巻
    682円(税込)
    新たな暁上姫・明子の嫉妬に悩まされる頃。信濃の姫が帝の元へ嫁ぐ話が持ち上がる。信濃には「鬼姫」が存在し、帝や秋長とともに、千古は鬼都の偵察へ向かうことに。ところが道中、千古たちを最悪の悲劇が襲う――。
  • 暁花薬殿物語 第五巻
    682円(税込)
    鬼の奇襲から千古を死守し、世を去った兵衛・秋長。悲嘆に暮れ心を閉ざしていた千古は、思い掛けず帝から洛外の祭りに誘われる。その折ついに鬼姫が入内。飾らず華々しいその姿は、何故かあの人物を彷彿させ――?
  • 暁花薬殿物語 第六巻
    660円(税込)
    帝の愛情に包まれながら、後宮の未来を案じていた千古。清涼殿の庭に落ちた雷の祟りを収めるため再び妖后を演じたその前へ、あの男が姿を見せる。一方で静養を命じられた明子姫には、鬼の手が迫っており……!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています