竜殺しの過ごす日々 3

竜殺しの過ごす日々 3

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大人気ラノベシリーズが3ヶ月連続刊行!異世界で竜殺しの称号を得た幸助の旅から目が離せない人、続出。3巻も書籍用に大幅な加筆訂正を加えて面白さパワーアップ!!

異世界に落ち、竜殺しの称号を得た幸助は、武の祭が開催間近な町へとやってきた。神域での出会いが意味するところを知らずに…。女王?神々?それらの思惑などどこ吹く風と、やることは金儲け。金策から誘拐事件へと発展し、出会った忍者と悪人退治。事件が終わってやれやれと落ち着く暇なく、縁は続いて貴族の屋敷へご招待。
幼子の期待の視線にゃ敵わぬと、剣の親子といざ勝負。やる気と奥の手退けて、戦い終わりとバイトを開始。街の賑やかな日々と穏やかな日々を堪能しているある日、騒動が向こうからやってきたのだった……!?大人気ラノベシリーズが3ヶ月連続刊行!
竜殺し・幸助の旅から目が離せない。

赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。
中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
主婦の友社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2018年07月02日
サイズ(目安)
11MB

関連タグ:

竜殺しの過ごす日々 3 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年05月31日

    うっかり異世界で竜殺しをしちゃって
    人間最強クラスになった少年.
    基本能力は最強なんだけども
    技能がまだついていっていない.
    まぁ,すぐに学習しちゃうんだろうけども.
    そんなわけで和風な国の人と仲良くなったり
    結局武術大会に参加することになったり….
    そこそこ面白かったよ.
    何をしてもトラブルを拾う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月04日

    用事をする者、それを待つ人。

    ようやく目的終了、ですが、想像通り子供は…でした。
    少年がこれより先、どうなるのか、が謎です。
    そして材料が手に入った彼女は、というと
    何だか幸せそうです。
    出番はここで終了、でしょうか??

    そしてまた別行動をすれば、事件。
    本人に危険はなかったですが、妙な所で
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月22日

    今回の表紙ヒロインはニンジャっぽいナガレさん。エピソードがいっぱい詰まった幸助の異世界日常って感じ。武闘大会を見にきたら誘拐事件を解決したり、貴族の道場で試合したり、ライダー姿で大会に参加したり、温泉トラブルを解決…の巻。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年02月03日

    前回はヒーローショーだったけど、今回はライダーで武芸大会に優勝…(^^;
    その前には「神々の暇つぶし」なんて称号ももらっちゃうし、温泉の件もなんだかなー。
    ホルンは一抜けた状態になったけど、数年後にはシズク様が参戦するようだ。ウィアーレも畏れ多い感じで微妙だし。どうなることやら。

    このレビューは参考になりましたか?

竜殺しの過ごす日々 のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 竜殺しの過ごす日々 1
    「小説家になろう」で長きにわたってランキング上位に君臨する人気作がついに書籍化。異世界召喚もの+魔法+最強という人気要素満載で、かつ、重厚なストーリー展開も必読。 空。青年が異世界にきて初めて見たもの。なんの理由もなく異世界にきた渡瀬幸助は偶然、竜を倒し、生贄とされていた貴族の子女ホルンを助ける。ホルンとともに魔女エリシールの家へ向かい、この世界の常識を教えてもらう。基本的な知識を身につけた幸助は、育て親の様子を見に来たボルドスとともにこの世界で生きていけるか試すためベラッセンという街へ。いくつかの出会い、いくつかのアクシデントを越えて、与えられた試験を達成する幸助。異世界における、幸助の最強の勇者としての活躍がはじまる。―――大人気小説投稿サイト「小説家になろう」で長きにわたってランキング上位に君臨する「竜殺しの過ごす日々」がついに書籍化。異世界召喚もの+魔法+最強という人気要素満載で、かつ、重厚なストーリー展開も必読。「早く書籍化してほしい」というたくさんの声に後押しされて生まれただけに、読みごたえもお墨付き。 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。 中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。
  • 竜殺しの過ごす日々 2
    「小説家になろう」で長きにわたってランキング上位に君臨する人気作の第二弾が早くも登場。異世界で活躍する主人公の女装に萌える読者が続出!? ベラッセンでの暮らしを終えた幸助を待っていたのは、メイドへの変装だった。それは、お見合い真っ最中のホルンのそばに侍るため、メイドとして働くことになったからだ。ハプニングでお見合いが中断となるまで、メイドとして頑張った幸助は一人再びベラッセンへと足を運んだ。そこで初めて目にした「歪み」の存在。街を救い、ダンジョンに潜るなど冒険者らしいことをしていた幸助のもとにエリスがやってきた。そしてとある目的のため幸助を隣の大陸カルホードへと誘うのであった……早くも話題の人気作の第2弾が登場! 異世界で活躍する幸助の女装ぶりは必見必読! 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。 中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。
  • 竜殺しの過ごす日々 3
    大人気ラノベシリーズが3ヶ月連続刊行!異世界で竜殺しの称号を得た幸助の旅から目が離せない人、続出。3巻も書籍用に大幅な加筆訂正を加えて面白さパワーアップ!! 異世界に落ち、竜殺しの称号を得た幸助は、武の祭が開催間近な町へとやってきた。神域での出会いが意味するところを知らずに…。女王?神々?それらの思惑などどこ吹く風と、やることは金儲け。金策から誘拐事件へと発展し、出会った忍者と悪人退治。事件が終わってやれやれと落ち着く暇なく、縁は続いて貴族の屋敷へご招待。 幼子の期待の視線にゃ敵わぬと、剣の親子といざ勝負。やる気と奥の手退けて、戦い終わりとバイトを開始。街の賑やかな日々と穏やかな日々を堪能しているある日、騒動が向こうからやってきたのだった……!?大人気ラノベシリーズが3ヶ月連続刊行! 竜殺し・幸助の旅から目が離せない。 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。 中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。
  • 竜殺しの過ごす日々 4
    大人気シリーズ第4巻が早くも登場。竜にさらわれた幸助の運命やいかに!?魔物退治、歌姫との出会い、恩人との友情……幸助の旅からますます目が離せない! 竜に誘拐されてしまう幸助。幸助が一人いるのはエゼンビア大陸。帰ろうにも荷物も財布も船の中。浜辺で埋まっているところを助けてくれた恩人と共に、旅費を稼ごうと喉にいい貴重な蜜を求めて山へ入る。魔物や人間を退けて、蜜を手に入れ、今度は歌のお姫様に会うためお城へ行くことに。宿でのんびりするはずがお姫様が呼んでいる?蜜の報酬をもらって、さよならするはずの幸助を呼んだ理由は歌の授業。歌って、踊りはしないけど、姫と楽しく歌い終え、城を出ると恩人と一緒にまた旅へ。これでようやく帰れると思ったところに、船の都合でまたカルホードへ。思いもよらぬ者たちと再会、共闘して幸助は深き情の涙を見る。 想像以上の長旅を終えて帰った幸助を待っていたのは、影も形もない家跡地だった。大人気シリーズ第4巻が早くも登場。幸助の旅からますます目が離せない! 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。 中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。
  • 竜殺しの過ごす日々 5
    竜殺し覚醒!シリーズ最大の急展開を見せる第5巻。幸助が最大の敵を前についに覚醒する。変貌する少年。大切な人たちとの別れ……。この巻だけ読んでも楽しめる! 竜殺し覚醒!シリーズ最大の急展開を見せる第5巻。竜殺し・幸助が最大の敵を前についに覚醒する。変貌する少年。大切な人たちとの別れ……。この巻だけ読んでも楽しめる! エリシールとの一騒動が終わり、コキアに指導をしていたある日、コキアが見知らぬ女冒険者を連れてきた。コキアへの指導がなっていないと、師匠失格とまで言われたが、幸助は気にすることなく、師匠役に立候補するという女冒険者のその言葉に心惹かれるものを感じつつも制止する。幸助と女冒険者の勝負代わりに受けた依頼から帰ってくると、いつもとかわらない日常が戻ってきた。と思いきや、続々と新たな人々との出会いが続く。ギルド長に、ドワーフに、謎の旅人二人組。ウィアーレの嬉しくない称号発生というハプニングも起こり、話の流れで幸助は再び旅の空へ。そこで、幸助は予想もできない出会いと別れを経験してしまうのだった。
  • 竜殺しの過ごす日々 6
    大人気シリーズも終盤戦。幸助に瀕死の重傷を負わせた相手は“偽神”。5人の仲間の協力を得て、“チーム幸助”は再び敵に挑む。新たな幸助の女装も見どころ! 大人気シリーズも終盤戦。6巻でも目の離せない闘いが幸助たちに迫る! エリガデン島での騒動を終えて家に帰った幸助を待っていたのは、短い休息、そして大きなトラブルだった。リッカートのギルドにてガレオンから偽神来訪の情報を得た幸助は一人ベラッセンへと向かう。不穏な空気に包まれた町では、ウィアーレがお尋ね者となっていた。ウェーイから事の経緯を聞かされた幸助は、再び一人で偽神の下へ向かう。倒せると思っての突撃だったが、コーホックからもらった薬がここで効果を発揮してしまう。偽の神といえど神は神。いくつかの要因も重なり不利な状況で偽神と対峙するはめになる。敵わないと逃げた先で待つのは偽神信仰者の群れ。包囲を突破して大きく傷ついた体で家に帰り、待っていたエリスとウィアーレを驚かす。命からがら逃げ帰り、意識を手放した幸助。家を飛び出ようとするウィアーレ。ウィアーレを説得し、偽神との対決を決めたエリス。目覚めたときが反撃の合図だった……。エリスをはじめとする5人のサポート得て、“チーム幸助”は偽神に挑む。 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。
  • 竜殺しの過ごす日々 7
    大人気シリーズのWEB公開分最終巻。世界は戦場と化し、多くの命が失われる。幸助が、エリスが、ウィアーレが、おなじみの登場人物も闘い続ける。新たなる世界のために。 死別。誰にでも訪れるもの。人間にも動物にも魔物にも竜にも神にも。それを嘆いた者がいた。天才。常人よりも優れた才を持つ者。この言葉に偽りなどない者がいた。二人の道が重なって、小さな火が生まれた。数年をかけて大きく育った火はセブシック大陸を焼き尽くそうとする。その火の影を幸助は見たことがある。獣人とエルフとの出会いの場で。神が炎となる寸前の火に気づき、消すために動く。多くの種族、古き英雄、貴族平民の垣根なく巻き込み大きな戦の始まりとなる。命が散り行く戦場で、神に乞われた幸助もその剣を振るう。幾多の魔物の命を散らし、その中で幸助は知りたかったことを知る。それは望んでいた答えではなく、されどどうしようもなくどうにもならない思いをぶつけ、さらに多くの魔物が命を散らすことになる。戦う者たちは知らない。生まれた火が一つではないことを。 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。
  • 竜殺しの過ごす日々 8
    大人気シリーズのWEB未公開、書き下ろし分の新章がスタート。あれから後の世界が描かれている。幸助に、エリスに、ウィアーレに、新たな運命が待ち受けていた。 コースケ・メムバレア。大陸東端の片田舎に生まれて育った青年だ。 両親を早くに亡くし、隣の一家に面倒を見てもらっていた。 素顔はごく普通の18歳。このまま狩人や村の警備として生きて、幼なじみと結婚する……はずだった。 彼の生活は成人の儀式をきっかけに激変した。 村から離れた神殿でコースケは神が使っていたソーラの宝珠に使い手として選ばれたのだ。 「壊魔封印」という使命を神官たちに託され、コースケは幼なじみのノーラと共に旅立つ。 いくつもの村と町を巡り、仲間との出会いがあり、騒動にも巻き込まれてコースケは壊魔の前に立つ。壊魔封印のために奮闘するコースケ。やがて予想もしなかったことが起きる。 それは彼にとって受け入れがたいものだった……。 大人気シリーズのWEB未公開、書き下ろし分の新章がスタート。あれから3年後の世界はどう変わったのか!!!!! 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。
  • 竜殺しの過ごす日々 9
    大人気シリーズの書き下ろし分の新章第2弾。幸助が新たに異世界でも大活躍。姫をはじめ新しい出会いが新展開を導いていく。 本の世界から脱出した幸助はノーラに導かれ、さらなる異世界へとやってきた。 ファルガという未知なる生物退治を期待されたのだが、出会った異世界の人の話によると既に幸助と同じように導かれてやってきた存在がいるらしい。 ノーラは知らない自身と同じ存在に首を傾げ、幸助は期待されていたことはやらなくていいのだろうかと疑問を抱く。 穏やかな暮らしを送っていると、ファルガが攻めてきた。そして幸助は見事に迎え撃つ。 このまま静かに暮らしていくのはもったいないと、やはり目的を果たすことになる。ただし秘密裏に。 動き出した幸助は異世界でも弟子を得て、ファルガを叩き斬り、人々の手助けをすることになる。 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。
  • 竜殺しの過ごす日々 10
    大人気シリーズの書き下ろし分の新章第3弾。幸助の無双ぶりが存分に発揮される。日本人的なヒロイン候補も登場し、新たな展開を予感させる。 塔での目的を達した幸助。塔を管理する長に呼び出される。金の門に入った者は初めてで、どのようなところかなど色々と話を聞きたがった。 幸助が口ごもると、長は交換条件で聞きだそうとする。幸助はしつこく誘う他の塔の利用者たちを職員側でおさえてくれるようにと条件を出した。 そして、利用者たちの希望を叶えると見せかけ手合せを行うことになる。一撃でも幸助に入れたら仲間になるという条件で模擬戦大会は始まり、幸助は百人以上の挑戦者を叩きのめす。 挑戦者たちの心を折った大会のおかげで平穏な生活を送れるようになった幸助。 彼のもとには、新たな客がやってくるのだが……。 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。 中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。
  • 竜殺しの過ごす日々 11
    大人気シリーズがついに完結!竜殺し・幸助は異世界でどのような結論を出すのか……。見逃せない感動の最終巻!! ノーラの世界での役割を終え、帰郷も終えた幸助は骨を埋める場となる世界に戻ってきた。 幸助にとっては久々に会うエリスやウィアーレとの再会を喜ぶ。やがて、ベラッセンへと足を運び、ケリュトンたちと一緒に廃墟となった村に墓参りに行く。次にリッカートにも向かい、発明の手伝いをすることにもなった。また、シズクが武闘大会に参加することを聞き、大会の影で起きた騒ぎにナガレが動き、幸助も微力ながら力を貸すことになる。そして、帰郷したウドリガから騒動解決を頼まれることになるのだった。 赤雪 トナ(あかゆき とな): 1981年九州北部に誕生。活発すぎる幼少期から現在へと経過していくうちに大人しくなっていく。 中学の頃に読んだTRPGリプレイが原因でライトノベルにはまっていった。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています