山口俊治英文法講義の実況中継(2)
  • 最新刊

山口俊治英文法講義の実況中継(2)

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

300万超の読者が絶賛する、英文法参考書のレジェンド『山口英文法講義の実況中継(上)(下)』がついに大改訂!
今回の改訂では、さらに読みやすいようにレイアウトを一新!
また、これまで『問題演習』として発売していた入試頻出の英文法問題全900問を、別冊として再構成し、各巻に収録しました。
大学入試はもちろん、TOEIC、TOEFL、英検など資格試験受験者にも絶大なる支持を受けています。

【第2巻について】
本書(第2巻)は講義全体の後半です。通年の講座で言えば第1学期を終えて、いよいよ第2・3学期へ入るわけです。
生の講義の内容と雰囲気をなるべく忠実に再現する形で、どうしてもわかってないといけない事項について、考え方をできるだけわかりやすく解説しているというスタイルはこれまでと変わりません。
前半では、動詞の働き・用法を全般的に理解するという基本が中心でしたが、引き続き後半では、動詞以外の重要事項を学んでいきます。
冠詞・名詞・代名詞・形容詞・副詞・前置詞……などは細かいことを覚えさえすれば事足りると思われがちですが、そうはいきません。やはり、それぞれの急所・要点がありますので、一度はそこをしっかりと押さえておく必要があります。
特に、関係代名詞・関係副詞やさまざまな比較表現は表面的な暗記ではとても対処できるものではなく、それこそ本当の理解が必要な、英文法最大の山場の一つと言えるでしょう。実際、ここで理解しておかないと、英語が一生わからないままになるくらいの岐路であるといっても決して過言ではありません。
というわけで、第2巻の重要度は第1巻に優るとも劣らず、英語力の完成に必要不可欠な事項を含んでいますので、ぜひ「暗記ではなく理解する」という「わかる喜び」と、問題が「解ける喜び」を継続して味わっていただきたいと思います(山口俊治)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
語学春秋社
ページ数
400ページ
電子版発売日
2019年05月10日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
128MB

山口俊治英文法講義の実況中継(2) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

山口俊治英文法講義の実況中継 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 山口俊治英文法講義の実況中継(1)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 300万超の読者が絶賛する、英文法参考書のレジェンド『山口英文法講義の実況中継(上)(下)』がついに大改訂! 今回の改訂では、さらに読みやすいようにレイアウトを一新! また、これまで『問題演習』として発売していた入試頻出の英文法問題全900問を、別冊として再構成し、各巻に収録しました。 大学入試はもちろん、TOEIC、TOEFL、英検など資格試験受験者にも絶大なる支持を受けています。 【第1巻について】 本書(第1巻)は講義全体の前半です。まず、本当の基本にあたる「英文をつくる動詞」から始めて、動詞の動き・用法を全般的に理解するのが主眼です。 特に第5文型は重要で、不定詞・分詞(の一部)とともに徹底的な理解が必要です。受動態や仮定法もいったんわかれば、絶対の自信がつくはずです。 頻出する「数の一致(第19回)」「動詞慣用語句(第29・30回)のようにただ記憶すればよい所もありますが、やはり土台をしっかり固めることを最大の目標にしてください。 さあ、どうか堅くならずに、気を楽にしてスタートしましょう。しだいに「わかる喜び」が感じられてくればしめたものです。それを願っています。(山口俊治)
  • 山口俊治英文法講義の実況中継(2)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 300万超の読者が絶賛する、英文法参考書のレジェンド『山口英文法講義の実況中継(上)(下)』がついに大改訂! 今回の改訂では、さらに読みやすいようにレイアウトを一新! また、これまで『問題演習』として発売していた入試頻出の英文法問題全900問を、別冊として再構成し、各巻に収録しました。 大学入試はもちろん、TOEIC、TOEFL、英検など資格試験受験者にも絶大なる支持を受けています。 【第2巻について】 本書(第2巻)は講義全体の後半です。通年の講座で言えば第1学期を終えて、いよいよ第2・3学期へ入るわけです。 生の講義の内容と雰囲気をなるべく忠実に再現する形で、どうしてもわかってないといけない事項について、考え方をできるだけわかりやすく解説しているというスタイルはこれまでと変わりません。 前半では、動詞の働き・用法を全般的に理解するという基本が中心でしたが、引き続き後半では、動詞以外の重要事項を学んでいきます。 冠詞・名詞・代名詞・形容詞・副詞・前置詞……などは細かいことを覚えさえすれば事足りると思われがちですが、そうはいきません。やはり、それぞれの急所・要点がありますので、一度はそこをしっかりと押さえておく必要があります。 特に、関係代名詞・関係副詞やさまざまな比較表現は表面的な暗記ではとても対処できるものではなく、それこそ本当の理解が必要な、英文法最大の山場の一つと言えるでしょう。実際、ここで理解しておかないと、英語が一生わからないままになるくらいの岐路であるといっても決して過言ではありません。 というわけで、第2巻の重要度は第1巻に優るとも劣らず、英語力の完成に必要不可欠な事項を含んでいますので、ぜひ「暗記ではなく理解する」という「わかる喜び」と、問題が「解ける喜び」を継続して味わっていただきたいと思います(山口俊治)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています