女にとって夫とはなんだろうか

女にとって夫とはなんだろうか

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本書は作家・井上ひさしの元妻・西舘好子と三女・井上麻矢が自らの「結婚・離婚・再婚」を通して気づいた、女性が自分らしく生きるための指針である。
母から娘へ、娘から母へ、娘から子供たちへ今こそ向き合いたい「愛情の遺伝」。
自立した女性に贈る「幸せ」をもたらす折れない生き方とは母と娘、渾身の全編描き下ろし作品。

「あなたはお母さんのことをよく見ていればいい。あんなとんでもないお母さんがいてよかったね」
(『九十歳。何がめでたい』の著者、作家・佐藤愛子)

【本書第一幕「母から娘」より 西舘好子】
「結婚は判断力の欠如」
「離婚は忍耐力の欠如」
「再婚は記憶力の欠如」

と言われそうだが、その全部を経験している私からみれば、そのいずれも結果論にすぎない。
人生幕を閉じるまで答えなど出せはしない。
所詮一人では生きていけないのだから、たくさんの人と交わり関わりあって毎日は織られていく。
自分の人生が一人では決められないのが当たり前、だからこそ誰もが悩んだり間違えたりするのだろう。
が、その中で誰かと寄り添える人にめぐり合えればオンの字というものだ。

【目次】
はじめに
第一幕 母から娘へ
――結婚、離婚で学んだ親子の絆 西舘好子
●私が旅に出る理由
●子離れの儀式
●男と女の違い
●二度の離婚
●笑ってくれればいい
●元祖「不倫」からの教訓
●「離婚」を演じていた
●母親という母舟
●誰の子でもいいから産みなさい
●愛し、傷つき、生きつづけ、あきらめよ
(他)

第二幕 娘から母へ
――今、想う両親への感謝と謝罪 井上麻矢
●祖母から渡された時計
●母とは受け継ぐもの
●家を出た母
●父から母へ―無言の愛の形
●親への失望と愛の渇望
●言葉の暴力
●精神の遺伝
●母の怖い目
●親に似る
●いないはずの「父への手紙」
(他)
おわりに

ジャンル
出版社
ベストセラーズ
掲載誌・レーベル
ワニの本
ページ数
236ページ
電子版発売日
2018年06月02日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB

「女にとって夫とはなんだろうか」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年08月19日

結婚は判断力の欠如
離婚は忍耐力の欠如
再婚は記憶力の欠如

なるほど。

まだ1つ目しか経験していない私だが
すべて経験した親娘の話に
納得させられた。

「娘たちに教えられなかったことを
孫に伝えたいという気持ち、
孫を見て私の子育て一丁上がりという心境」

ここ、!!だった。
自分が子育てでで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,757

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!