獣人騎士の求愛事情 一角獣の騎士様は、獣な紳士でした…【特典SS付】

獣人騎士の求愛事情 一角獣の騎士様は、獣な紳士でした…【特典SS付】

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

獣人貴族の蛇公爵(♂)を親友に持つ、人族のエマ。魔法薬の生産師として働く彼女のもとに、親友から持ち込まれた依頼。それは、聖獣種のユニコーンの獣人で近衛騎士であるライルの女性への苦手意識の克服作戦で!? 特訓の内容は、手を握ることからはじまり、恋人同士みたいなやり取りまで……って、なんだかスキンシップが激しすぎませんか!? ユニコーンの獣人騎士とのレッスンからはじまる求愛ラブ。大人気★獣人シリーズ第2弾! ※電子版はショートストーリー『ライルとエマの一週間内にあった特訓風景【肩を抱き寄せる】』付。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 一迅社文庫アイリス
出版社
一迅社
掲載誌・レーベル
一迅社文庫アイリス
電子版発売日
2018年05月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

関連タグ:

獣人騎士の求愛事情 一角獣の騎士様は、獣な紳士でした…【特典SS付】 のユーザーレビュー

    購入済み

    ドッキドキです

    コユミ 2020年07月27日

    女性が苦手なはずのヒーローが、ヒロインには控えめながらもグイグイ迫ってきて、ドキドキ、キュンキュンとときめきました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ユニコーン=馬?

    (匿名) 2020年04月05日

    獣人、今回はユニコーン。なのに、お話の中では馬扱いで笑った。なんだか、イケメンヒーローがなさけない駄馬に見えてくるくらい(笑)相変わらず、獣人の一部な愛情にお腹いっぱい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    無自覚いちゃラブ

    ユースケさん 2018年06月06日

    主人公のヒロイン、エマに肩入れしがちに読んでると、無自覚ないちゃいちゃが繰り返されるのをヒロインじゃないけど、こちらまで、なぜか疲労感を覚えて、読んでは、もう読む気力が尽きた~‼️の繰り返しでやっと読み終わった後の感想が、ヒーローに対する「はた迷惑な馬め~‼️」に尽きました。
    幼馴染のジークは面白か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    エマの鈍感力に感心

    さっち 2020年09月07日

    蛇獣人ジークの『親友』、人間のエマ。
    ジークの幼馴染、馬?獣人のライルはユニコーン種。
    ライルは女性恐怖症なので女性に慣れるようエマに頼んだジーク。
    どうなるのかなんてわかってしまうのに読むのが止まらない。
    やりとりが軽快で結末も満足でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    恋愛と親友

    スルー 2020年09月04日

    表紙見たとき三角関係か!?って思ってましたが全くそんなこと無かったですね!

    ユニコーン騎士に求愛されるのは、甘さに加えてだいぶ危険な香りを醸し出してましたご馳走です。
    ユニコーン騎士との恋愛も良かったですが、個人的には蛇公爵の親友大切にしてるのがもう好きすぎて最後はちょっとうるってしちゃいました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    ん〜そっちか・・・

    花花 2020年08月31日

    狼隊長が面白かったので、蛇公爵避けて黒兎伯爵を読んで、レビューが良かった此方をやっぱり購入。
    面白かったです。が、今回はジークの方が素敵に思えて、幾らラルクが美麗なと表現されても(歯を剥き出しにした)馬にしか思えず。 最後は親友の2人が、お互いの気持ちに気付いて結ばれるの期待していたので、ちょっと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    少しとっ散らかっている印象

    ななつの 2018年06月02日

    前作を読んでいなければ、メインの3人以外のやけに濃い脇役達にスポットが当たって、小さいエピソードが挟まれて内容がとっ散らかっているような印象を受けます。前作既読なら楽しいかも。私はだいぶ前に読んで、前作主人公二人以外はほぼ忘れた状態だったので、詰め込みすぎだなと感じました。でもやはり獣人の愛情表現は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています