TOEIC亡国論

TOEIC亡国論

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

TOEICが「使える語学力」を標榜し官民総出で支持され始めてから40年近くになったが、日本人の英語力は一向に上達していない。むしろTOEIC至上主義の結果、私たちは間違いだらけの英語教育を受ける羽目に陥っている。それなのに、なぜいまだに文部科学省や教育関係者、企業経営者、一般学習者はTOEICに振り回されているのか。本書では、長年語学学習に携わってきた著者がそのからくりを明かし、「早期英語教育はムダ」「中高年こそ英語が上達する」「読み書きができれば会話ができる」など大胆かつ具体的な学習法を論じる。 【目次】はじめに/序章 「英語ができる」とはどういうことか/第1部 我が国の英語教育の現状とTOEIC/第1章 我が国の言語教育の現状――文科省による亡国の言語教育政策/第2章 TOEICとはどういう試験か/第3章 さまざまな分野でのTOEICの採用状況/第4章 TOEICに関する受験者からの評価/第5章 TOEICについての考察/第6章 語学能力の分析/第7章 あなたが必要としている語学力とは/第8章 TOEICとどうかかわるべきか――学生&保護者への提言/第9章 TOEICは日本を三流国にする――文科省と企業への提言/第2部 望ましい英語学習のあり方/第10章 正しい英語学習法1――読解力、作文力/第11章 正しい英語学習法2――会話、発音学習法/第12章 プロを目指す方へのアドバイス/第13章 40~50代からの英語学習の勧め/おわりに

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 英語・英会話
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2018年04月20日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

TOEIC亡国論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月06日

    英語の学び方のエッセンスが満載の好著だ.p209で著者が強調している,"英文法を日本語文法と比較しながら学ぶことは,学問の基礎となる理論的思考力を鍛えるのに非常に効果できであるし,それによって,日本の英語教育もバックアップしている根強い英語及び欧州文化に対するコンプレックスも取り除かれてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月28日

    TOEICは受けたことがないが、TOEICについてとても丁寧に書かれている。それだけではなくて、実際に受験者への意見、専門家の意見もきちんと掲載されているので、TOEICを利用する企業にはいいテキストであろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月22日

    TOEIC云々というよりは、語学に対する姿勢、また語学で生計を立てるにあたり必要な研究、経験と心構えが網羅されていると思う。筆者の目指すゴールとして、通訳や翻訳というのが一つの切り口として道筋を示されていることから、これれらを目指す人にとっても心構えの持ち方が参考になる。それ以外の人にとってもやはり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月18日

    TOEICに固執して、気付いたらスコアを取ることばかり気にしてた… 本当の英語を学ぶとはどういうことなのかを教えてくれた1冊です。余談ですが、これを読んでTOEICに対する、というか英語に対するモチベーションが少し落ちてしまいました… ビジネスの重要な取引なんかは通訳の人がいるし、将来海外で暮らすこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月27日

    英語学習の方法論。
    何のための英語か?
    文法の学習の重要性をあらためて認識できた。
    構造から学ぶと効率的。

    TOEICのスコアアップに走るような学習方法では力はつかない。急がば回れ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています