緊急・米国発マネー激流

緊急・米国発マネー激流

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

米国の長期金利上昇を発端とするグローバルマネーの激流は、どこに向かうのか。未曽有の金融緩和の正常化(出口)の序章を追う。 本書は週刊エコノミスト2018年2月20日号で掲載された特集「緊急・米国発マネー激流」の記事を電子書籍にしたものです。

・米国の金融正常化の序章 脱「流動性相場」の試練
・米国株 「買われ過ぎ」からの正常化
・米国株 上昇一直線から乱高下相場へ転換か
・日本株 値固め期間経て上昇再開か
・日本株 一時戻しても年末へ向け下落か
・ドル・円 ドル安・円高で年末に95円も
・ドル・円 年末116円まで円安余地
・米金利 好況を織り込み、緩やかに上昇
・米金利 年後半に向けてピークアウトへ
・年間債券発行額2兆ドル突破 中東・アフリカ地域で急増
・フラジャイル(脆弱)と呼べる状況ではない
・原油 1バレル=50ドル台後半~70ドル台後半、80ドルも
・クレジット バブル的資金流入の潮目は年半ば 経常赤字、過大な対外債務国に注意

【執筆者】
馬渕 治好、大川 智宏、香川 睦、重見 吉徳、宇野 大介、上野 剛志、市川 雅浩、丹治 倫敦、長谷川 克之、中島 将行、江守 哲、中空 麻奈

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
毎日新聞出版
電子版発売日
2018年04月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

緊急・米国発マネー激流 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています