とろけて開いて 続 第一話
  • 完結

とろけて開いて 続 第一話

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

十年越しの想いを成就させ、晴れて暴君ポルノ作家・獄本(ごくもと)と恋人同士になった夏目(なつめ)。
連日甘く激しくとろけるまで可愛がられ、あまりの溺愛に気後れしながらも順調な関係を幸せに感じていた。
そんなある日、二人が手がけた純文学作品に映画化の話が舞い込む。
喜ぶ夏目とは反対に、官能小説の執筆に忙しいとどこか不機嫌な獄本。
願っても無いチャンスに話だけでもと約束を取り付ける夏目だったが、映画のプロデューサーとして現れたのは、夏目のかつての同級生・芥川(あくたがわ)だった――…
大人気シリーズ新章開幕、ポルノ作家の“溺愛と執着”。

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
LiQulle
ページ数
41ページ
電子版発売日
2019年05月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

とろけて開いて 続 第一話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    続編でもトロトロの夏目が可愛い

    こむぎ 2020年09月03日

    美男美女(あ、女じゃなかった、美男美男です)の官能小説家×編集、もう間違いないカップリングが10年越しの愛を実らせて蜜月〜と思いきや中学時代の同級生登場でいきなりの三角関係へ突入?!?!続きが気になります。「続」のほうも1話1エロに期待!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    当て馬か?!

    てん 2020年03月02日

    当て馬登場か?!
    ラブラブな二人の話しを盛り上げるっていったら、お互いの嫉妬とか執着とかからね。
    でも、個人的にラブラブな二人の話しをラブラブに温かくエロく描いてある話しの方が好き。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    (匿名) 2020年06月05日

    ずっと続編が気になってちょくちょく購入してました♡
    ハッピーエンドで良かったです!
    先生の顔面がどタイプです…(^q^)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    続きが気になるっ!

    沙希 2019年11月27日

    無料お試し版を購入した後、とても続きが気になり分冊版ではなく単行本と続刊を合わせて購入しました。
    せっかく両想いになったのに、元同級生の横やりと邪魔が入ってしまいこの二人の先が気になります。
    とにかく、色気のある受けなので先生の独占欲も仕方ないですよね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    tourokuyou1995 2020年03月03日

    続は、イチャラブモード全開なのかと思ったら、なんかすごい強烈な(になりそうな予感のする)対抗馬が出てきました。もめにもめるかな?

    このレビューは参考になりましたか?

とろけて開いて のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • とろけて開いて 第一話
    完結
    新人編集の夏目(なつめ)は、暴君と名高い売れっ子ポルノ作家・獄本(ごくもと)の担当になる。 彼がかつて敬愛した純文作家と気づき、また純文学を書いて欲しいと頼む夏目に突きつけられたのは『抱かれて官能小説の執筆に協力する』こと。 考えたあげく渋々条件を呑むが…。 「本当は後ろも気持ちいいんだろ」「さっきから中の締め付けがすごいぞ?」 読み上げる淫らな文章通りに獄本は身体を暴き、激しい...
  • とろけて開いて 第二話
    完結
    手酷く抱き潰されて以来、夏目(なつめ)は約束通り身体を差し出し、官能小説の執筆に協力していた。 そんな中、獄本(ごくもと)のサイン会が行われることに。 担当編集として付き添う夏目だが、『もう一つのお仕事』として後ろにオモチャを挿れたまま参加することを命じられてしまう。 ローターで敏感なナカをいたぶられ、とろけそうな快感に必死で耐えながらサイン会を見守る夏目。 「…ずいぶんと気持ち...
  • とろけて開いて 第三話
    完結
    獄本(ごくもと)に抱かれると無意識に身体が悦んでしまう…。 快楽に溺れる自分を編集失格と苛む夏目(なつめ)だが、周囲からは「夏目は獄本の特別で、編集者に向いている」と褒めそやされる。 十年前のサイン会。担当編集就任時の反応。ビジネスライクな関係で、特別なことなんて何一つないのに――…。 整理のつかない気持ちを抱えた夏目は獄本を避けるようになるが、暴君な彼の呼び出しに逆らえず、再び責...
  • とろけて開いて 第四話
    完結
    『…担当を辞めてくれ』 ひどく傷ついた様子の獄本(ごくもと)はそう言い放った。 獄本への真の気持ちに気づき、思わず行為中にキスを拒んでしまった夏目(なつめ)。 彼の見たこともない表情に動揺した夏目は悩み抜いたあげく退職願を提出するが、編集長と幼馴染の励ましを受け、思い留まり今までの人生を振り返る。 獄本との大切な思い出と、心の奥底でずっと燻っていた彼への想い――… もう諦めちゃいけな...
  • とろけて開いて 続 第一話
    完結
    十年越しの想いを成就させ、晴れて暴君ポルノ作家・獄本(ごくもと)と恋人同士になった夏目(なつめ)。 連日甘く激しくとろけるまで可愛がられ、あまりの溺愛に気後れしながらも順調な関係を幸せに感じていた。 そんなある日、二人が手がけた純文学作品に映画化の話が舞い込む。 喜ぶ夏目とは反対に、官能小説の執筆に忙しいとどこか不機嫌な獄本。 願っても無いチャンスに話だけでもと約束を取り付ける...
  • とろけて開いて 続 第二話
    完結
    過去仲良くもなく、むしろ苦手意識のあった夏目(なつめ)に対し、映画のプロデューサーとして再会した芥川(あくたがわ)は馴れ馴れしい様子。 業を煮やした獄本(ごくもと)に手を引かれ、足早にその場を去るが…後日夏目は嫉妬からバスルームで散々嬲られいじめられてしまう。 とろけた中を掻き出すはずの指は次第に快感を煽り、なすがまま感じる姿に興奮した獄本は後ろから再び激しく挿入してきて…。 事...
  • とろけて開いて 続 第三話
    完結
    泥酔した夏目(なつめ)が目を覚ますと、隣には芥川(あくたがわ)と散らばった衣服。 「全然憶えてないの? 昨日のこと」 芥川のねっとりした視線から逃げるように部屋を立ち去るが、首筋に刻まれたキスマークで昨晩何が起きたのかは瞭然だった。 以来獄本(ごくもと)への罪悪感から仕事に支障をきたし、いつもの重版祝いの手紙も思うように筆が進まない夏目。 淫らに仕込まれ、快楽に馴れきった身体は獄...
  • とろけて開いて 続 第四話 前編
    完結
    首筋の痕を見て激怒した獄本(ごくもと)に手荒に服を剥がれ、自慰で柔らかくなった後孔を指摘された夏目(なつめ)。 一人で淫らな行為に耽った事実を告白できない夏目に、怒りに身を任せた獄本は久しぶりに朗読しながらの行為を強いる。 世界で一番敬愛する作家の文机で後ろから乱暴に抱かれ、恥ずかしいのに嫌なのに、朗読される淫らな台詞に心底感じてしまう。 大きく脚を開かされた先の繋がった場所は...
  • とろけて開いて 続 第四話 後編
    完結
    「…お前こそ、俺をなんだと思ってるんだ」 縋るような獄本(ごくもと)の表情に夏目(なつめ)の心は大いに揺れた。 思い返せば映画化が決まってから、自分は獄本の必死のメッセージに気づくこともできず話を進めようとしていた。おまけに芥川(あくたがわ)との関係も、獄本の意に沿わぬ形になってしまった…。 どうしよう、どうしたらいい? ぐるぐるとまとまらない考えのまま映画化の期日だけが迫る状況...
  • とろけて開いて 続 第五話
    完結
    芥川(あくたがわ)との打ち合わせに現れたのは、いつになく憔悴しきった姿の獄本(ごくもと)だった。 手を引かれそのまま彼のホテルに連れて行かれた夏目(なつめ)は獄本から「誰にものにもならないで欲しい」と乞われる。 世界一敬愛する作家であり恋人である彼が見せる素直な感情に、夏目はようやく自分の根底にあった心情を語り出す。 獄本が綴る純文学も官能小説も理性をなくすほど愛していること、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

とろけて開いて に関連する特集・キャンペーン