きっと愛だから、いらない(7)
  • 最新刊

きっと愛だから、いらない(7)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 484円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

円花の恋と夢が走り出す・・・!

円花と吉良のバンド「ラズライト」が、人気バンド「シリウス」のデビューライブにゲスト出演することになった。はじめてのライブのために、新曲を用意した円花たち。ところがライブ当日、シリウスがその曲を先に歌ってしまう。曲を盗られた円花が取った行動とは・・・!? 好きな人のために命の限り歌いたい、円花の夢はかなうの・・・!? 期限付きの恋と夢が走り出す、ドラマチックラブストーリー第7巻。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
Sho-Comi
ページ数
168ページ
電子版発売日
2019年12月06日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
32MB

関連タグ:

新刊オート購入

書店員のおすすめ

あと一年しか生きられないと告げられた主人公・円花が、純粋に恋がしたいと思い、選んだのは一途とは程遠い学校一のプレイボーイ・光汰で…?

初恋を通じて誰かに恋をする楽しさや嬉しさを知っていく、まさに少女漫画の王道をこれまで描いてきた水瀬藍先生。けれどこの作品は、今までのキラキラしたまっすぐで純粋な恋と一味違います。両想いになって幸せだと感じる場面でさえ“切なさ”が混じっていたり、命の尊さや大切な人を失った苦しみなど、恋愛の枠を越えた大きなテーマが描かれています。
終わりが来ることを知ったうえで誰かに恋をするって、こんなに苦しいのか…と読んでいて悲しくなりましたが、円花の「好きな人と幸せな時間を過ごせる今この一瞬を大切にしたい!」という気持ちが伝わり、始終暗い気持ちにはなりませんでした。そしてちゃんと、誰かに恋をする楽しさを苦しい状況の中でも感じさせてくれるところが、水瀬先生の作品のブレないところだと思います。
過去や未来に様々な試練が待ち受けている中、二人はこれからどう歩んでいくのか…二人の行く末が気になる大注目の作品です!

    購入済み

    お互いを支え合う

    こぱとん 2019年12月29日

    行きたいと思えるほどのことってすごく大きいと思う。
    それが、吉良くんであり、吉良くんも高宮さんのことを大切に大切にしたいって想いがとてもお互いを高めあっていることが素敵です

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    Marie 2019年12月12日

    次巻で最終だと思うと寂しいですが、ダラダラ続くよりは良いかと。
    円花ちゃんがどうなるのか…気になっています。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • きっと愛だから、いらない(1)
    余命1年の少女の、最初で最後の恋 わたしは恋がしたいです 命の砂が落ちる、その時間まで 重い病を患う円花(まどか)は、余命宣告されたことをきっかけに「恋がしたい」と願うようになる。円花が恋の相手に選んだのは、学校一のプレイボーイ・光汰(こうた)。 恋がなにもわからなかった円花だけど、光汰と一緒にたくさんの「はじめて」を経験するうちに、自分の中にある、今まで知らなかった感情と出...
  • きっと愛だから、いらない(2)
    人生で一番忘れられないキスをする… 1年後にわたしが死ぬって言ったら、吉良くんは変わらず笑ってくれるのかな 彼女ってなにをすればいいんだろう? 光汰(こうた)に喜んでもらいたい。その一心で、新しい挑戦を続ける円花(まどか)は、光汰たちのバンド合宿に参加することに! 病気になってから初めての「仲間との旅行」に胸を躍らせる円花だけど、円花のことをよく思っていない、光汰のおさななじ...
  • きっと愛だから、いらない(3)
    大切なファーストキスの記憶がない!? たくさんの人の前でしたファーストキス…だけど、私はそれを覚えていなかった―― バンドのライブ中に倒れてしまった円花(まどか)。ついに病気のことを仲間たちに打ち明けたけれど、余命のことまでは、どうしても言えずにいた。 合宿中にファーストキスをした円花と光汰(こうた)だったけど、迫る病魔によって、円花はその記憶を失ってしまい――。 その事実に動揺...
  • きっと愛だから、いらない(4)
    吉良vs久世、円花をめぐる三角関係!? ねぇ 吉良くん  「さくらさんのこと 今も好き?」 独占欲なんて 病気よりタチが悪いわ。 チャラチャラして見える光汰の瞳の奥に隠された想いがあることに気づきはじめた円花。 その想いの先にいるのはバンドの前ボーカル・さくらで、光汰が初めて好きになった女(ひと)だと知った円花だけど、自分は自分の生き方で光汰の胸の中に残りたい、と思い…? ついに余...
  • きっと愛だから、いらない(5)
    ついに円花の「生きたい」という想いが―! 今 高宮を諦めるより 傷つくほうがいい どんな風にもひとりで立ってる 強くて誰よりやさしい 高宮を好きでオレはうれしいんだ 円花から「余命」を告白されて取り乱した吉良を見た円花は自らの判断を悔やむ。 そして吉良とさくらの間に起こった悲しい過去を知り… さらに、運命の歯車に翻弄される2人の前に音楽プロデューサーを名乗る怪しげな男が現れ、ラ...
  • きっと愛だから、いらない(6)
    新章開幕! 運命の歯車が大きく動き出す! 神様どうか 1秒でも長く わたしを吉良くんのそばで 生きさせてください 2人で病気と向き合っていく覚悟を決めた円花(まどか)と光汰(こうた)。 もっと吉良くんにぴったりくっつきたい…そんな円花の気持ちを察するかのように光汰は円花をクリスマス旅行に誘って…? 忘れられない夜を過ごした2人…そんな時、ラズライトの映像が街頭ビジョンに流れ――!
  • きっと愛だから、いらない(7)
    円花の恋と夢が走り出す・・・! 円花と吉良のバンド「ラズライト」が、人気バンド「シリウス」のデビューライブにゲスト出演することになった。はじめてのライブのために、新曲を用意した円花たち。ところがライブ当日、シリウスがその曲を先に歌ってしまう。曲を盗られた円花が取った行動とは・・・!? 好きな人のために命の限り歌いたい、円花の夢はかなうの・・・!? 期限付きの恋と夢が走り出す...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています