等級制度の教科書

等級制度の教科書

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

経営戦略の実現を支援しているか? 人材の競争力を強め、人的資本の価値を高めているか? ここに、本格的な「等級制度」の本“初登場”!初めて人事分野の実務を担当する人や等級制度を深く理解したい人事担当者のために、等級制度の基本知識からその特徴、人事制度における等級制度の位置づけ、制度の内容、これまでの等級制度の変遷からこれからの等級制度のあり方までを体系的に網羅して解説!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
労務行政
電子版発売日
2016年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
74MB

等級制度の教科書 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年12月21日

    本当に教科書!初心者の私でも非常に分かり易く、気付いたら殆どのページに付箋をしていた。企業規模や今後の方向性によって制度を考える必要性を強く感じた。また読み返したい一冊。賃金コンサルタント必読の書だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月14日

    等級制度について、わかりやすくまとめられており、まさに「教科書」。

    恥ずかしながら、等級制度に「職能資格基準」「職務等級制度」「役割等級制度」という3種類があることを初めて知った。

    それぞれの制度について、対比しながら説明されており、なんとなくわかったような気にはなるのだが、きちんと理解するには...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月03日

    等級制度の変遷、特徴がよくわかる本。
    制度設計、アセスメントに関わる仕事をしている人にとっては一読の価値あり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月28日

    良くも悪くも教科書。
    人事部に配属された新人やこれからちゃんとした給与体系を作り上げようと考えている経営者なら読んでおいた方が良い基礎知識的な内容。
    読んでおいて損はないがそのまま自社に使えるノウハウと言うわけではないので期待のし過ぎは禁物。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています