現実主義勇者の王国再建記VI
  • 最新刊

現実主義勇者の王国再建記VI

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

武王・ガイウスとの苛烈なる戦いに決着がつき内戦から長きに渡る戦争はついに終焉を迎えた。
その後アミドニア公国の首都・ヴァンを占領下に置き、ソーマは戦後処理に着手する。

「ここからが国王にとっての本番だ」

手始めに、王国軍を敵視するヴァンの市民に奇策を用いて、その心を解きほぐすソーマ。
戦を通じ得た、仲間の大切さを心に刻み、王として次への一歩を踏み出していく……。

戦の業火を突き進み新たな時代を導いていく異世界本格内政フォンタジー第六幕!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
コミックガルド
ページ数
160ページ
電子版発売日
2020年11月25日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
47MB

新刊オート購入

現実主義勇者の王国再建記VI のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月29日

    戦後処理も大変だな。食と着飾る自由・表現の自由で、少しはヴァンの人たちも落ち着いてくれたらいいな。ポンチョとセリィナの関係も面白い。セバスチャン仲間になってくれないかな。

    このレビューは参考になりましたか?

現実主義勇者の王国再建記 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 現実主義勇者の王国再建記I
    異世界に突如として勇者召喚された相馬一也。 だが、彼の“勇者”としての冒険は――始まらなかった。 国王から国家の抱える危機と課題を聞き出した彼は、 持ち前の現代の知識を活かし富国強兵策を提案。すると…… 「召喚されし勇者ソーマ・カズヤに王位を譲る!」 なんと、あろうことか国王より譲位されてしまう。 さらに王女をソーマの婚約者にすると発表され――!? 若き国王ソーマと腹心の仲間とが共に国家の...
  • 現実主義勇者の王国再建記II
    勇者召喚されるやいなや王位を譲られた相馬一也は、持ち前の現実主義的視点と現代知識で食料難をはじめとする数々の問題を解決していく。国家の改革は順調に進んでいるように思われたが……まさかの災害がソーマの国を襲う!! 「任せろ。救える命は、救える限り、救ってみせる!」 王の重責に苛まれるソーマに追い打ちをかけるように陸・海・空軍を統べる“三公”との対立が激化し――!? 襲い掛かる困難を仲間と...
  • 現実主義勇者の王国再建記III
    若き国王ソーマが推し進める改革により国内の民が恩恵を受ける一方、 既得権益を持つ貴族たちの不満が限界を超えつつあった。 隣国のアミドニアも不穏な動きを見せる中、秘密裏に開催された“三公”との会談は物別れに終わる。 戦いが不可避な状況にソーマは遂に決断する!! 「さあ、征伐を始めよう――」 内戦が勃発し、各陣営の思惑が激しく交錯する異世界本格内政ファンタジー第三幕!
  • 現実主義勇者の王国再建記IV
    泥沼の内戦へ突入したエルフリーデン王国。 禁軍、陸軍、空軍入り乱れる戦場では若王ソーマの想いとは裏腹に陸軍大将カーマインの遠大な計画がすべてを支配していた……。 「我がこと成れり」 さらに失地回復を目論む隣国の蠢動もあり終わりの見えない戦いの先に待つものは――!? 権謀術数渦巻く戦場を強き願いを胸に駆け抜ける異世界本格内政ファンタジー第四幕!
  • 現実主義勇者の王国再建記V
    カーマインとの内戦に決着を付けたソーマは 間髪入れず、混乱に乗じ攻め込んできた アミドニア公国への反撃を開始する。 一計を講じてアミドニア軍を疲弊させ 勝利は確実となったが、死兵と化した 国王ガイウス八世の決死の刃が ソーマの喉元に迫ろうとしていた――!! 「貴様を倒し  王国を滅ぼしてくれん!!」 非情なる戦場で 新たなる決意を胸に立ち向かう 異世界本格内政ファンタジー第五幕!
  • 現実主義勇者の王国再建記VI
    武王・ガイウスとの苛烈なる戦いに決着がつき内戦から長きに渡る戦争はついに終焉を迎えた。 その後アミドニア公国の首都・ヴァンを占領下に置き、ソーマは戦後処理に着手する。 「ここからが国王にとっての本番だ」 手始めに、王国軍を敵視するヴァンの市民に奇策を用いて、その心を解きほぐすソーマ。 戦を通じ得た、仲間の大切さを心に刻み、王として次への一歩を踏み出していく……。 戦の業火を突き...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています