ドラ息子と変態秘書くん(1)
  • 完結

ドラ息子と変態秘書くん(1)

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「どんな手を使ってでも――…直接カラダに教え込んで差し上げます」
ろくに仕事もせず、社長である親の金を使って派手に遊んで暮らしていた龍之介。
そんな彼のもとに、ある日突然“専属の秘書”と名乗る男・千尋が現れ、強制的に会社へと連行される。龍之介の父親から彼の更正を依頼されたという千尋は、龍之介と同居をして24時間の監視態勢をとるという。
「冗談じゃねえ!」
罵詈雑言を尽くして千尋を罵る龍之介を見て、次第に頬が上気していく千尋。反発する龍之介に対し、千尋が取った策とは――…?
クールなドM秘書がわがままドラ息子を攻め尽くす! 波乱のエロコメBL、爆誕!!

ジャンル
出版社
シュークリーム
掲載誌・レーベル
moment
電子版発売日
2018年02月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

関連タグ:

ドラ息子と変態秘書くん(1) のユーザーレビュー

    秘書エロ度★7 変態度★7

    かしわもち 2019年07月26日

    ( ・∀・)イイ!!
    変態度合いが(・∀・)イイ!!
    ワクワクしちゃった!単行本購入決定です( ´∀`)bグッ!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    秘書さんの変態っぷり

    デイジー 2020年04月22日

    小さい頃に誘拐され、監禁されたのがきっかけで、ダメダメな人生を送ったいる、龍之介の前に現れたのが、父に雇われた秘書さん!秘書さんの龍之介に対する責めがかなり凄くて、変態っぷりがたまらないです!
    最後は良い方向に向かって良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

ドラ息子と変態秘書くん のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • ドラ息子と変態秘書くん(1)
    完結
    「どんな手を使ってでも――…直接カラダに教え込んで差し上げます」 ろくに仕事もせず、社長である親の金を使って派手に遊んで暮らしていた龍之介。 そんな彼のもとに、ある日突然“専属の秘書”と名乗る男・千尋が現れ、強制的に会社へと連行される。龍之介の父親から彼の更正を依頼されたという千尋は、龍之介と同居をして24時間の監視態勢をとるという。 「冗談じゃねえ!」 罵詈雑言を尽くして千尋を罵る龍...
  • ドラ息子と変態秘書くん(2)
    完結
    「どんな手を使ってでも――…直接カラダに教え込んで差し上げます」 ろくに仕事もせず、社長である親の金を使って派手に遊んで暮らしていた龍之介。 そんな彼のもとに、ある日突然“専属の秘書”と名乗る男・千尋が現れ、強制的に会社へと連行される。龍之介の父親から彼の更正を依頼されたという千尋は、龍之介と同居をして24時間の監視態勢をとるという。 「冗談じゃねえ!」 罵詈雑言を尽くして千尋を罵る龍...
  • ドラ息子と変態秘書くん(3)
    完結
    「どんな手を使ってでも――…直接カラダに教え込んで差し上げます」 ろくに仕事もせず、社長である親の金を使って派手に遊んで暮らしていた龍之介。 そんな彼のもとに、ある日突然“専属の秘書”と名乗る男・千尋が現れ、強制的に会社へと連行される。龍之介の父親から彼の更正を依頼されたという千尋は、龍之介と同居をして24時間の監視態勢をとるという。 「冗談じゃねえ!」 罵詈雑言を尽くして千尋を罵る龍...
  • ドラ息子と変態秘書くん(4)
    完結
    「どんな手を使ってでも――…直接カラダに教え込んで差し上げます」 ろくに仕事もせず、社長である親の金を使って派手に遊んで暮らしていた龍之介。 そんな彼のもとに、ある日突然“専属の秘書”と名乗る男・千尋が現れ、強制的に会社へと連行される。龍之介の父親から彼の更正を依頼されたという千尋は、龍之介と同居をして24時間の監視態勢をとるという。 「冗談じゃねえ!」 罵詈雑言を尽くして千尋を罵る龍...
  • ドラ息子と変態秘書くん(5)
    完結
    「どんな手を使ってでも――…直接カラダに教え込んで差し上げます」 ろくに仕事もせず、社長である親の金を使って派手に遊んで暮らしていた龍之介。 そんな彼のもとに、ある日突然“専属の秘書”と名乗る男・千尋が現れ、強制的に会社へと連行される。龍之介の父親から彼の更正を依頼されたという千尋は、龍之介と同居をして24時間の監視態勢をとるという。 「冗談じゃねえ!」 罵詈雑言を尽くして千尋を罵る龍...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています