遠ざけの法則―万人受けを狙わない熱狂的なファンのつくり方

遠ざけの法則―万人受けを狙わない熱狂的なファンのつくり方

作者名 :
通常価格 1,404円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【内容紹介】
ビジネスを成功に導く、これからの時代の発想法

選び選ばれる。それにはいくつもの切り口、指針があります。
本書では、あなたが相思相愛のお客様を見つける、コンパクトなやり方を紹介します。
選ばれたいお客様に選んでもらえる「在り方」を、あなたと一緒に考えていくのがこの本の趣旨です。

【著者紹介】
中山マコト(なかやま・まこと)
日本のマーケッター、シンクロニスト。
「売れるヒントは人から訊き出せ!」を人生訓に、インタビュー術を駆使した独自のマーケティング戦略「キキダスマーケティング」を開発、実践する。
お客様の心を動かす企画を考案し、大きな実績を上げ続けている。
市場調査会社勤務後、マーケティング、販売促進、広告制作に携わり、小売業、飲食業、サービス業などの売り上げ強化に手腕を発揮する。
著書に『「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本』(KADOKAWA)など多数。

【目次より】
◆第1章 究極のメカニズム、踏み絵――嫌なヤツが寄ってこない、会いたい人だけが寄ってくる
◆第2章 視覚で分ける――なぜ、“中本”の看板は真っ赤なのか?
◆第3章 敵をつくる――ピエール・カルダン的、言葉のバリア
◆第4章 ターゲットで分ける――ガチガチ専門という生き方◆第5章 地名で分ける――大分郷土料理、“とど”の生き方
◆第6章 キャッチフレーズで分ける――理系ミステリー、森博嗣の生き方
◆第7章 趣味嗜好で分ける――分かる人にだけ伝わればいい
◆第8章 3行錬金術――イグニッションライティングの作法
◆最終章 「蒙古タンメン中本」の看板はなぜ真っ赤なのか?

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
216ページ
電子版発売日
2018年02月01日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年09月23日

蒙古タンメン代表との対談は貴重だと思う。自分が好きな人生を送るためには好きな人だけ寄ってくるような看板を掲げたら自然とそうなる。コアなファンを作るための例がとても納得できるもの。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play