サンダカンまで わたしの生きた道

サンダカンまで わたしの生きた道

作者名 :
通常価格 918円 (税込)
紙の本 [参考] 993円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大ベストセラーとなった『サンダカン八番娼館』の著者の波瀾に満ちた自伝。顔を切られるアクシデント、朝鮮人青年との結婚と別れ、そして再婚・出産を経て女性史の道へ。どんな困難にもめげずに自立し続けた女性の半生。解説・城戸久枝。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日文庫
ページ数
376ページ
電子版発売日
2018年02月02日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年06月21日

だいぶ以前に『サンダカン八番娼館』を読み終えていて、たまたま本屋で手にとった本作。
本棚を見ていただければわかる通り、堀川恵子氏のノンフィクション『原爆供養塔』を読んだことをきっかけに、このところ広島原爆について書かれたノンフィクションを集中的に読んでいたところだった。全くそれとは関係なく、手にとっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月29日

ありえない出来事に出会った人が、その苦難をどうやって乗り越えていったのかを知りたくて読んだが、どうやって乗り越えたのかが読み終えて数日経った今では思い出せない。
おそらく、事実を中心に回顧として書いてあるため感情や気持ちの切り替え方、前向きな気持ちへの持続の仕方などが書いてあったけれども、それより事...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play