応援される会社~熱いファンがつく仕組みづくり~

応援される会社~熱いファンがつく仕組みづくり~

作者名 :
通常価格 842円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

好きな商品を大量に仕入れて仲間内で販売する、お気に入りブランドの広告を制作して動画サイトにアップする、商品の新用途を考えて逆提案する、先行き不明な新事業にクラウドファンディングで寄付する、経営危機の企業にボランティアで知恵を貸す――。もはや顧客は、商品・サービスを通じて便益を受ける立場に飽き足らず、「何かをしてあげたい対象」として企業やブランドを位置づけている。(「はじめに」より。一部改変)

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2018年01月26日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月21日

結構知っていることがあって驚きました。
ちなみに、この本を読んだきっかけは
企業アカウントで出てきたから(笑)

企業がより注目されるには
ファンを増やすことに尽きるんですよね。
そして、彼らが広げてくれたり
たとえ、会社がピンチでも
ファンの力でどうにかなっている例もありますし
(目の付け所のアレ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月30日

「モノが溢れている時代だからこそ、暑い思いで納得できるものをつくりたい、売りたい」ーあとがきより。
従来のマーケティングからの発想の転換をしたい、と考える方におすすめの書。
章立て、文の進め方などは好みの分かれる所とは思うが、荒削りながら新しい視点、考え方を提示してくれる。
オープンマインドで読みた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月21日

さとなおもファンベースドブランディングを説いているし、『甦るサバ缶』も経堂のファン達が活躍する。ブランドのファンになることはいまどきのブランディングに必要なことだと思う。良書。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月30日

消費者をどのように消費させるかということではなく、熱いファンをつくる仕組みづくりが、これからのプロダクトやサービスにとってとても重要だと感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月01日

いい本です。これからの時代、こうした仕組みを出来る会社が残るんだろうなあって言う、ある意味主役がお客様になった印象です。でも、もしこうしたことを日頃から意識している経営者にとっては、体系的な意味合いが大きいけど新たな発見は少ないかもって感じです。その一方で、応援される企業って価値観を意識し始めた管理...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play