不確かな医学 (TEDブックス)

不確かな医学 (TEDブックス)

作者名 :
通常価格 1,242円 (税込)
紙の本 [参考] 1,458円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

バイアスという名の病と、うまく付き合っていくために。

医学はそもそも科学だろうか?――かつて若き研修医だった著者はその後の医師人生を変える1冊に出会い、普遍的な「医学の法則」を探し始める。
事前の推論がなければ検査結果を評価できない。特異な事例からこそ治療が前進する。どんな医療にも必ず人間のバイアスは忍び込む。
共通するのは、いかに「不確かなもの」を確かにコントロールしつつ判断するかという問題。
がん研究の歴史を描いてピュリツァー賞も受賞した医師が、「もっとも未熟な科学」の具体的症例をもとに、どんな学問にも必要な情報との向き合い方を発見する。

Small books, big ideas. 未来のビジョンを語る。
人気のTEDトークをもとにした「TEDブックス」シリーズ日本版、第10弾。

「私は、医学がこんなにも法則のない、不確かな世界だとは思ってもみませんでした。
小帯、耳炎、糖分解などと、まるで取りつかれたように身体部位や病気や化学反応に名前を付けていったのは、
自分たちの知識の大部分は本当は知りえないものなのだという事実から身を守るために、医者が生み出した仕組みなのではないかと勘ぐるほどです。
こうしたおびただしい数の情報によって、より本質的な問題が隠れてしまっています。それは、情報知と臨床知との融合です。
この2つの領域にある知を融合するための道具立てを見つけられないか――そうした模索が本書のきっかけです。
この本の中で『医学の法則』と呼んでいるものは、実際には不確かさ、不正確さ、不十分さにまつわる法則です。
このような『不』の力が働く知の分野なら、何にでも当てはまります。それは不完全性の法則なのです」(本書より)

ジャンル
出版社
朝日出版社
電子版発売日
2018年01月26日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ購入済み

医学における判断材料

mac 2018年11月18日

一部、ご紹介します。

・検査の弱点を克服するには、しっかりとした「事前知識」(直観)が必要だ。

・基準値(大多数がおさまる一般的な範囲)からは、規則性がわかる。
異常値からは、より深い法則を掴むためのきっかけが得られる。

・あらゆる理論は、それが誤りだと証明される可能性を持ってい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月10日

これはすごい。ベイズってなんでしたっけ?という状態で読みはじめて、日常はもちろん、医療において特に、そういう見方が大事になることを改めて理解した。たぶん。。


類似の多数の事例を調べて見つけたひとつの傾向(法則)があるとして(ex. 疾患Aの患者でのみマーカーaが一定値以上になる)、それが個々の事...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月26日

データと直感どちらを信じる?異常値をどう見る?組織がバイアスにまみれたら?いまのやり方がバイアスであったとしたら、それをどう検証する?そもそも、いまを疑える?
データ社会が加速していく中で、はっとさせられる。自分自身も、永遠の課題。
#不確かな医学 #バイアス #tedbooks

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play