公認会計士vs特捜検察

公認会計士vs特捜検察

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ある日、凄腕の公認会計士が逮捕された。容疑は粉飾決算。シロアリ駆除の上場企業、キャッツ経営陣による株価操縦事件に絡み、東京地検特捜部に摘発されたのだった。カネボウ、ライブドア事件でも公認会計士が逮捕されたが、すべて容疑を認めている。だが、キャッツ事件の被告は容疑を否認して、190日間拘留される。「粉飾決算ではない」。専門の会計理論を駆使して取り調べの検事と対峙するが、検察の描いたシナリオのまま起訴される。まさに、佐藤優『国家の罠』の公認会計士版である。裁判では、会計学者から粉飾ではないとの鑑定意見が出され、他の容疑者による被告に有利な証言が相次ぐが、一、二審とも敗訴。東京高裁の控訴審判決直後、白血病の妻が急死するという悲運に見舞われるなか、上告して闘っている。その闘いの詳細を極めた被告自身の手記である。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 法律
出版社
日経BP
ページ数
432ページ
電子版発売日
2017年11月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

公認会計士vs特捜検察 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年04月26日

    会計上は間違った話ではないと思いましたが、会計上と法務上の違いなのか、そのあたりは専門的すぎてわかりません。TVドラマで、99.9がタイトルについた弁護士のドラマやってますが。99.9%の有罪率がとてもよくわかる本です。この本で重要なのは、有罪・無罪という話以前に、あまりにずさんな検察の取り調べです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月08日

    まずは、特捜検察のボケ!

    検察官が冤罪を拡大再生産し続けてきたが、彼らは、狙いを定めると、真実を曲げ、捏造の連発。

    で、冤罪が一審で確定してしまうと、それに関連する事件で有罪となった事案は、高裁に行こうが、最高裁に行こうが、逆転無罪となることはない。

    日本国に正義は存在しないのである。 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月05日

    『はしがき』
    ・事件は,株式会社キャッツの決算において粉飾決算がおこなわれ,会計監査をおこなっていた大手監査法人の代表社員であった公認会計士の私が,その粉飾決算なるものに加担共謀したとするものである.私の主張は,これらの決算に虚偽記載などなく,共謀などありえないというもの.検察官はもちろんのこと,裁...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    細野祐二さんという実際の公認会計士がキャッツという会社の粉飾決算に加担したとして罪に問われ、今なお続く裁判までの記録をつづったもの。日本の司法制度のあり方について、普段触れることがないだけに色々と考えさせられる本。日本の検察官により逮捕・起訴されてしまうと推定有罪が前提とされてしまう。日本の一審での...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この本に書かれているとおりの裁判が行われたとしたら、日本の司法とは?法の正義とは?と考えさせられます。会計業界に身を置いたことのある立場として、「正義を貫くことで罪人にされてしまう」というのは正直恐怖です。大著ですし、専門用語も多く出てくるので読み切るのは大変ですが会計関連の仕事をされている方はぜひ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    とりあえず、読後感がすごかった。この話はある公認会計士が全身全霊をつかって、司法というそこの見えない闇と戦い続ける記録である。

    著者の本編最後に記された言葉がすごくこころを射抜いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今現在読んでる本。
    会計士の勉強してるからかすんごい入っていきやすくとても面白いです。はい。
    これは読むべき一冊です、はい。
    まだ読み終わってないけどw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    面白い。
    国策捜査、世論(というよりマスコミ)の「ムード」に押された犯人狩り、等が起こす問題が、この事例でまざまざと見せ付けられている。
    「それでも自分はやっていない」
    「国家の罠」
    そして先日の長銀旧経営陣の逆転無罪判決、、、

    段々と検察・裁判所の起こす問題が明らかにされるにつれ、裁判員制度の妥...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    血が熱くなりました。こんなことがあってよいものかとも思いました。裁判制度について深く考えされられる本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月14日

    細野裕二著「公認会計士VS特捜検察」日経BP社(2007)

    大手監査法人会計士が、粉飾決算に加担共謀したとして逮捕された実話である。司法は真実に耳を傾けようとしないという事実があからさまに記載さらている。粉飾決算はなかった!と逮捕された会計士が訴える。会計論争で検事を打ち負かしても一、二審有罪。「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています