「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング

「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

なぜ、新進気鋭のセミナー講師は、短期間で成功を収めたのか?
その秘訣は、「スピード・ブランディング」にあったのです!

「実力のわりに、過小評価されてるよなぁ…」
「自分の名前で仕事がしたい…」

起業した人・したい人は、そんなふうに悩むもの。
起業して成功するためには、サラリーマン時代とは違った行動や考え方を必要とする場面が多くあります。
実力も経験も、人間的にも優れているのに、「その他大勢から抜け出す」方法や魅せ方を知らないため、結果、自分を安売りせざるをえない人がたくさんいます。

しかし、今の世の中は、「もの」だけでなく「自分」という個人もブランドになり、価値を高めて売っていくことができるのです。

「○○のことなら、あなたに」

本書には、○○を埋めるセルフブランディングのヒントが満載です。

たとえば…
・「三角形の法則」でブランド化を加速する
・「FTTP」でオリジナルのアイディアを生み出す
・メンターには高額セミナーで出会う
いずれも、すぐに実行に移せるものばかり。

起業したての人はもちろん、起業予備軍、一段上の仕事力をつけたい人におすすめの一冊です!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
日本実業出版社
ページ数
232ページ
電子版発売日
2017年12月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年03月29日

    しっかりと自分のやっていることをビジネスに結びつけるということを改めて考えさせられました♪

    解説に図や写真も使われているのでなかなか読みやすかったです(^^)

    メルマガやHPなんかは検討しなきゃと決意した一冊です!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    タイトル通り、その他大勢からの脱却を図るスキルが盛りだくさんでした。どうすれば、自分というブランドを確立できるのか。強みを活かし、自分の価値をあげるために何をすればいいのか。「モノ」より「コト」が求められている今、商品」ではなく、「自分」がブランドとなり価値を高めていかなければならないとつくづく感じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    最近、流行に思える
     パーソナルブランディングについての本です。

    前著の「セミナー講師になる」のセミナーに参加してサインも頂きました。
    そのときに、次作を執筆中ということを伺い、楽しみにしていました。

    簡単でわかりやすく自分銘柄の上げ方が記されています。

    やってみると効果が手に取るようにわかる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月31日

    ①ブランドの作り方は?
    ・ネットを使う(検索できるよう)
    ・上品なものを身に付ける
    ・なりたい自分を設定する
    ・ターゲットカスタマーを明確にする
    ・アウトソース
    ・アウトプットで有言実行
    ・考える時間を確保
    ・行動
    ・前向き
    ・いいところ探しで、悪口を言わない
    ・周辺を大切に
    ・目標設定で、スケジュ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ▼こんなあなたにおススメの書籍です!
    「実力のわりに、過小評価されてる」
    「自分ブランドがほしいけど、何からはじめればいいか分からない」
    「ブランドの本を何冊か読んだけど、ちょっと難しい」
    「自分の強みを知り最大限に活かしたい」
    「自分の名前で仕事がしたい」
    「周りのライバルたちと一気に差をつけたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています