注文をまちがえる料理店

注文をまちがえる料理店

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「注文をまちがえるなんて、変なレストランだな」
きっとあなたはそう思うでしょう。

私たちのホールで働く従業員は、
みんな認知症の方々です。
ときどき注文をまちがえるかもしれないことを、
どうかご承知ください。

その代わり、
どのメニューもここでしか味わえない、
特別においしいものだけをそろえました。

「こっちもおいしそうだし、ま、いいか」
そんなあなたの一言が聞けたら、
そしてそのおおらかな気分が、
日本中に広がることを心から願っています。

――「注文をまちがえる料理店」に掲げられたステートメントより


2017年6月。
日本のみならず世界中の話題をさらった
レストランがありました。

その名は「注文をまちがえる料理店」。

接客をするのは“認知症を抱える人”。
まちがえることを受け入れて、
まちがえることを一緒に楽しむ。
この不思議であたたかいレストランの
ものがたりを1冊にまとめたのが本書です。

I部ではこのレストランで
本当にあったお話(物語)を、
II部ではこの企画の発起人である
小国士朗氏による解説ならびに
レストランにかける思いを掲載しています。

忘れちゃったけど、まちがえちゃったけど、まあいいか。


■目次

●Prologue 「注文を間違える料理店」ができるまで

●第I部 「注文を間違える料理店」で本当にあったものがたり

●第II部 「注文を間違える料理店」のつくりかた

●Epilogue 「注文を間違える料理店」のこれから


■著者 小国士朗
「注文をまちがえる料理店」発起人
テレビ局ディレクター。
1979年生まれ。東北大学卒業後、2003年に某テレビ局に入局。
2013年に心室頻拍を発症。
テレビ番組を作るのが本当に大好きで相当なエネルギーを注いできたが、
それを諦めなければならない事態になり、一時はかなり悩み落ち込む。
しかし、「テレビ局の持っている価値をしゃぶりつくして、社会に還元する」
というミッションのもと、
数々のプロジェクトを立ち上げ、
いつしか局内でもテレビ番組をまったく作らない、
おかしなディレクターとして認識されるようになり、
ついには専用の部署までできることに。
「注文をまちがえる料理店」はとある取材時に思いついたことを形にしたもの。
好物はハンバーグとカレー。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
あさ出版
電子版発売日
2017年11月10日
紙の本の発売
2017年11月
サイズ(目安)
18MB

注文をまちがえる料理店 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月09日

    こんな素敵なストーリーがあったなんて!
    マスコミで話題になったと書いてあったが、この本に出合うまで、全く知らなかった自分を恥じた。
    しかもこの本が紹介されていたのは、『デジタル社会のマーケティング』という大学の教科書としても使われそうな、超固くて真面目な本。”デジタル社会”というテーマとは、まるで関...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月22日

    素敵過ぎる。こういうお店を自分も作りたい。
    また、『あたたかい』というのは自分にとっても重要なテーマなので、とても共感できた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月28日

    認知症の人だって、人の役に立ちたいと思っている。忘れてしまうこと、間違えてしまうことを許容する場所でなら、認知症の人も活躍できる…。
    登場するお客様もスタッフもみな温かい心で、このレストランを楽しむ。認知症である前に「人」である。基本的には人と人との触れ合いである。
    とてもあたたかく微笑ましいエピソ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    間違えることを受け入れてくれる
    あたたかい料理店。
    失ったものではなく
    今あるもの、
    できることに目を向けていく。
    とても素敵だと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月09日

    現代社会は、社会の問題点を解決すること自体が価値あると思う。例えば本作で対象とした認知症の方である。彼らを得体の知れない人々と判断して封じ込め作戦をした過去から抜け出し、認知症の方でもできることをサポートしつつ社会に組み込んでいく、これ自体が価値があり、今後目指していくべき社会なのではと思う。
    他の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月18日

    「ま、いっか」という寛容さ。大らかさを改めて考える本。
    所々涙したり、心に刺さったりしながらあっという間読めます。クラウドファンディングという仕組み、上手く使えると何でもチャレンジできるんだろうなー、と前向きになれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月02日

    ニュース番組の特集で見て、気になっていたので読みました。
    前半は、この料理店を作った人たち、働いた人たち、お客さんとしてきた人たちの、それぞれに感じたことやエピソード。後半は、仕掛け人である著者がどんなことを考えて、そしてどういう人たちと一緒にこの料理店を作ったのかの紹介でした。

    認知症の人であっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月19日

    間違えてもいいというコンセプトはもちろん、異業種のメンバー同士のコラボが面白い!

    ただ、当事者の方の「間違えるのはつらいこと」は忘れてはいけないなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月06日

    いい本でした。
    「注文をまちがえる料理店」のロゴマークの「てへぺろ」は、「あ、間違えちゃった、ごめんごめん」というお気楽な気持ちを表しているのではない。
    「間違えることは、つらいこと」
    未熟だから間違えるのではない、そうではなくて間違えてしまうことのせつなさを感じながらの「てへぺろ」。そのせつなさに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月01日


    間違いが前提のお店なら

    間違いで人が笑顔になる

    過去の栄光は生き続ける

    記載されたエピソードには

    認知症がかなり進行した方が多く、

    昨日、お店で働いたことすら思い出せないほど。

    それでも働くという社会活動を通じて

    過去の栄光がどんどん滲み出てくる。

    みんなそれぞれが昔、

    何かを頑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています