日本人が意外と知らない 「アメリカ50州」の秘密

日本人が意外と知らない 「アメリカ50州」の秘密

作者名 :
通常価格 630円 (573円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本の「都道府県」とは比較にならない、巨大なアメリカの「50州」。異なる自然風土、文化、法律、人種構成、産業を持つ50州は、それぞれが“1つの国”とさえ言えるだろう。本書は、「大統領の輩出最多を誇る『政治家の母国』:バージニア州」など、各州の特色を豊富なデータと共にわかりやすく解説。バラエティ豊かな各州に目を向ければ、意外なアメリカの全体像が見えてくる!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2017年11月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
150MB

日本人が意外と知らない 「アメリカ50州」の秘密 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年02月11日

    日本にとって最も親密な外国、でも1州ごとの情報については意外と知る機会が少ない。

    本書はアメリカ50州について、地理や歴史の簡単な解説と、面積、人口、気候、主要産業、出身有名人、などの情報がコンパクトに掲載されており、雑学辞典としても十分に活用できる。1州につき4~6ページと短く、東から西に向かっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月14日

    英文ジャーナルなどを読んでいると,「ミシガン州の~」などと紹介される訳ですが,恥ずかしいぐらいアメリカのことを何も知らないので,かなり勉強になりました.手軽に読めますし,結構オススメです.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月27日

    アメリカ合衆国は州が多くてよく分からない、興味あるけど、どこから調べればいいのか分からない。そんな人にぴったりの一冊でしょうアメリカ合衆国には50州がある。この一冊は9つの地域に分かれて、各州の情報が書かれている。

    人口、面積の基本的な情報はもちろん、その州その州の特色や個性をコンパクトに分かりや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    それにしても、それぞれの州がほんとうに独自色を持っていて、こんなにアメリカって複雑というか、多面的だったんだなあと驚きます。「多即一」っていう言葉がありますけれども、まさに、さまざな矛盾すら含んだ州たちからなるアメリカという一つの個。それだけ個として奥深い印象を受けざるえません。一筋縄ではいかないし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月26日

    ラスベガスのこと
    ・1864 州 誕生
    ・税の優遇(法人税、所得税、相続税、固定資産税なし)
    ・国税庁に対する企業情報公開に制限
    ・電話・郵送だけで会社設立できる
    ・法人設立全米一
    ・鉱工業復活(金、銀、銅、リチウム)、金の採掘アメリカ1
    ・銀の産出減少→州経済算出→1931カジノ合法化
    ・離婚合法...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月27日

    アメリカに住みながらアメリカのことを知らな過ぎることを実感している。その一つが各州に関すること。
    特にニュース、スポーツ等々の話題になる時に州や都市の位置関係、特徴を知らないと理解度が一気に下がる。
    この本は各州数ページの解説ではあるが、コンパクトに纏まっていて基礎情報、特徴を理解するのに役に立った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月17日

    行ったことのある州から、テレビや新聞でよく耳にする州、映画の舞台になっていた州、などなど、とても興味深く読める本。
    巨大国家アメリカだけあって、州により文化や歴史、産業、政治的思想の傾向など様々。
    各州独自の観光名所やイベントなども載っていて、「また行きたいな、アメリカ。」と思わせてくれる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています