図解 メイド

図解 メイド

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

メイドの仕事。細分化された職種。給料、余暇、食事、老後。彼女たちをとり巻く世界や人々。歴史背景。貴方の知らないメイドの世界をのぞいてみませんか?物語の主人公や実在する有名人が華やかに活躍する横でひっそりと…しかし、あたり前のように存在していた使用人---メイドたち。では、メイドとはなんでしょうか?本書では「ちょっと知りたい」「何となく気になる」疑問を図解で解決します。メイドという単語に惹かれる方、映画・アニメ好きや同人誌作家に、手軽な資料としてお勧めの解説書です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新紀元社
ページ数
236ページ
電子版発売日
2017年12月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
166MB

図解 メイド のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年10月29日

    19世紀のお話を書く人はチェックしておくと良い。
    広く浅く、というような内容のため、基礎知識として最初に読んでおくと安心。
    ヴィクトリア朝がメイン。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月24日

    「日の名残」 The Remaining of the Day を読むときにそばにあると理解が深まります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月24日

    一言にメイドといっても、色々な種類があって(男女とも)、時代背景や雇い主の事情などがわかりやすく書かれている。イギリスの映画や本を読むときに手元にあるとよりその内容がわかりやすくなりそう!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月23日

    メイドと、メイドを取り巻く社会環境や人々がよ~く分かる本です。
    “図説”ではなく“図解”なので写真は少なく、左ページにある文章を右ページにて絵や図で簡潔にまとめてある本です。

    現在のメイドのイメージが定着した(?)ヴィクトリア時時代についての説明がもっぱらで大英帝国のメイドのお話がもっぱらですので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月08日

    「メイド」と大きく書いてあるけれど、前半部分はヴィクトリア朝の時代的背景や、文化、思想などをわかりやすく網羅。

    最近、執事なども流行っているのでそれについての知識もちゃんと得られる。

    表紙がちょっと古めかしいけど、ファンタジー小説などを読む人には知っておいて損は無い内容。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ヴィクトリア朝時代辺りの使用人の役割などについて、
    時代背景などとからめて解説されている本。
    タイトルはメイドになってますが、わりと使用人全般について載ってます。
    当時の制度や上流階級の家の仕組みなども書いてあるので
    小説や舞台を見る時にも参考になるかもしれません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    執事についても書いてあるので某資料として(笑・いや、あんだろで興味も湧いたしね?)買ってみました。読み易いので入門書(?)としていいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月24日

    主にイギリスのヴィクトリア朝の使用人について書かれた一冊。
    女性使用人だけではなく、男性使用人の種類や所属(誰が直轄か)、仕事内容、求める人材などについておおまかに述べられている。
    薬剤師・外科医・内科医についてもざっと参照できる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月19日

    えーと、この「F−Files」の「図解」シリーズは、ハッキリ言って、割と真面目な本です(爆)

    今までのラインナップを見ていくと、「図解 近代魔術」、「図解 クトゥルフ神話」、「図解 ハンドウェポン」、「図解 錬金術」等々……。
    と書いてみて、やっぱり、怪しい本のような気もしてきた(笑)

    だいたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月26日

    昨今流行のメイドもどきではなく、真のメイドとはどのようなものであるかを真面目に解説した本。
    仕事内容や歴史的背景など、男性使用人についても載っています。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています