図解 北欧神話

図解 北欧神話

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

主神オーディンと悪神ロキ、戦乙女ヴァルキュリャや大蛇ヨルムンガンドたちの織りなす、勇猛にしてどこか陰のある北欧神話の世界は、冒険と宝物の満載されたまさにファンタジーの原風景といえるでしょう。本書では、北欧神話のあらすじから主な登場人物、アイテム、さらに神話の主な担い手だったヴァイキングたちの生活まで図解で解説。北欧神話を知りたい人の入り口として最適の一冊です。

ジャンル
出版社
新紀元社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年12月01日
紙の本の発売
2007年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
151MB

図解 北欧神話 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年01月18日

    北欧神話に興味を持ったら、また、北欧神話が好きなら、お勧めしたい一冊。
    神様の簡単なプロフィールから、ラグナロクに至るまでの経緯、ヴァイキングの風俗まで書いてあるという!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    難解な北欧神話がようやく理解できた。バルドルが好きだ!ロキが好きだ!アースガルスの神々になりたい!昨晩はラグナロクに思いをはせ、神々の滅亡に涙しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月13日

    北欧神話の全体ストーリーが把握できました。
    知識のためなら、自らの目や命を代償に差し出すことできるオーディンが一番好きだ!もっと知識欲が欲しいぞ。
    他の神話と違って北欧神話は知能ある神が多々登場するから面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月19日

    北欧神話自体が、どいやって伝え残ってきたのかという話は、この本ではじめて知りました。
    物語的な読み方をしようと思うとこなり不満がのこると思いますが、その風俗などは、詳しくかかれていて楽しかったです。

    巨人というのが、まだ、私にとっては謎です。
    考えたのは、次の3つ。

    言葉の通り本当に巨人。大きい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月31日

    ゲームやファンタジーでおなじみの名前がざくざく詰まっている北欧神話。
    こんな話だったんだ、と知ることができました。
    絵と文が簡潔でさらりと読める。

    ただしまったく北欧神話、というかそういう方面に知識がないと「なんでそうなるの」と思うことの連続。
    そもそもなんで彼らは争い、騙し、酷い目に遭い遭わせる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月08日

    見開き2ページで、左側に説明文、右側に図解がのっており、
    わかりやすい。
    反面、完結過ぎて「これはどういうことだろう」と疑問に思うことも。
    入門編としてはとても良かった。

    それにしても神話やおとぎ話はどうしてこう自分勝手だったり
    残酷だったりするのだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    かなり詳しいので、資料としてはもってこいではないかと。
    ただ、ちょっと切なくなりますが……(TεT)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月14日

    978-4-7753-0543-0
    C0014\1300E

    著者:池上良太(いけがみ りょうた)
    発行所:株式会社新紀元社.
    2007年7月3日初版
    -----------------
    目次より
    1 北欧神話の世界観
    定義 あらすじ 想像 宇宙観 ユグドラシル(世界樹)等
    2 北欧神話の登場人物
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています