2018年 日本はこうなる

2018年 日本はこうなる

作者名 :
通常価格 1,728円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「2018年の日本」を「86のキーワード」で展望する予測本の決定版!

日本経済の行方から働き方改革、外国人雇用、AI・IoT・ロボットまで、これ1冊で最新トレンドがわかる。

「国際社会・海外ビジネス」「産業」「企業経営」に加えて、「働く場」「社会・文化」「少子化・高齢化」「地域」「地球環境・エネルギー」のカテゴリーに分けて最新トレンドを解説。86のキーワードについて、わかりやすく、現状と課題を示す。

ビジネスの今後を考える際のヒントが得られるほか、商談にも、上司や同僚との会話にも役立つ「話のネタ」を仕込むのにも最適な1冊。

【主要目次】
巻頭言 「英国のEU離脱」から日本が学ぶべきこと
第1部 混迷の中で見えてきた出口の灯り
1…もう先送りは許されないアベノミクスの総決算
2…下振れリスクを抱えつつも、景気の回復が続く
3…世界景気は堅調な流れが続き、金利も上昇へ
4…原油はボックス圏が長期化、国際商品は適温相場

データで読む2018年のトレンド 生産性向上が真の課題 「働き方改革」はこうなる
2018年に予定されているビッグ・イベント

第2部 2018年を理解するためのキーワード
【国際社会・海外ビジネス】 米国の政治・経済/欧州政治ほか
【産業】 規制改革/アクセラレータープログラム/ブロックチェーン×IoTほか
【企業経営】 ファミリービジネス/事業承継ほか
【働く場】 非正規雇用/柔軟な働き方/AIと雇用ほか
【社会・文化】 時短消費/民泊法施行/障害者の社会参加ほか
【少子化・高齢化】 診療報酬・介護報酬の同時改定ほか
【地域】 関西経済/名古屋再開発/地方創生交付金ほか
【地球環境・エネルギー】 パリ協定/緑の気候基金ほか

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
264ページ
電子版発売日
2017年11月10日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年05月09日

2018年に向けての世界の情勢や経済状況など、テーマ毎に見開き2ページでまとめて解説。

普段新聞など読んでいない私にとっては、現在のトレンドを簡単に把握できるのでコスパが良い本だと思った。
例えば、就活などに向けても読んでおくと使える本なのではないか?

それぞれのテーマに対する専門性を持った人が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「2018年 日本はこうなる」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play