ロック史(立東舎文庫)

ロック史(立東舎文庫)

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

気軽にロックの歩みを一望できる、音楽愛に満ちた入門書

20世紀半ばに誕生したロックは、なぜ若者の心を捉え、発展していったのか。本書は、その歩みを丹念に追う「ロック入門書」です。しかし同時に、「音楽の変化も知りたいし、ミュージシャンの過激なエピソードものぞきたいし、レコード産業の裏側も見たいし、ロックを生んだアメリカ社会にも首をつっこみたい」という著者の思いそのままに、ロックを取り巻くさまざまな事柄にも触れている「欲ばりな本」でもあります。

ガイドとして未知のアーティストを見つけるのはもちろん、アーティストの意外なエピソードに驚くのもよし、音楽産業の変化を学ぶもよし、音楽を生み出した社会背景を知るもよし。ロックの歴史からは、さまざまなことが見えてくるはずです。

ジャンル
出版社
リットーミュージック
掲載誌・レーベル
立東舎
ページ数
320ページ
電子版発売日
2017年11月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

ロック史(立東舎文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月04日

    ロックの通史をさっと把握するのに便利な本。ロックは単独で純粋にロックとしてそこにあった訳ではなく、社会の中にあって、社会との関わりがあってこそ、大きな意味を持つことができたのだと理解できる。
    この本は元々、講談社現代新書の一冊、『ロック スーパースターの軌跡』という本として出版されていたもの。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月07日

    エルビスから始まるロック史なので、私たちが一般的にイメージしているロックの歴史をざっと理解するには良かった。
    ただし、講談社現代新書(1985年)→ 新版(2007年)→ 立東舎文庫版(2017年)という本書は新版が出版される際に加筆されてはいるものの、80年代後半からのLAメタル、グランジからオル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています